ピコレーザー

ピコレーザーとは

ピコレーザーとは

ピコレーザーは目的に応じて
・ピコトーニング(詳細リンク)
・ピコフラクショナル(ピコフォーカス)(詳細リンク)
・ピコスポット(詳細リンク)

と3つのモードを使い分けます。痛みはほとんどなく、肌に優しいタイプのレーザーです。肌のホワイトニング効果が高く、色素沈着などのリスクが少ないのが特徴です。一般的にシミ取りやトーニングに用いるレーザーは2つの波長しか搭載していませんが、当院のピコレーザーは、1,064nm、532nm、585nm、650nm、755nmの5つの波長のレーザーを搭載した最新の医療機器です。

こんな方におすすめ

総合的に美肌にしたい 肌を明るくしたい
毛穴・ニキビ跡を治したい 肌にハリを出したい
小じわなどを治したい シミを取りたい

※ピコトーニングは色、ピコフラクショナルは凹凸、ピコスポットはシミ取りと使い分けます。
※推奨間隔、ピコトーニング1-2週に1回。ピコフラクショナル2-4週に1回。ピコスポット3か月以上。

当院が選ばれる5つの理由

①効果が高い
多くの方々がピコトーニング単発でも肌のホワイトイング効果を実感されております。

②リーズナブルな価格
ピコトーニング初回9,800円など。続けやすい安心価格です。

③痛みに配慮した施術
ベテラン看護師の高い技量により快適な施術をお約束致します。
 

④症例数が多い
当院は銀座1丁目駅、目の前に位置しており美容皮膚科で通院される患者様が多くおられます。


⑤心地よい空間とおもてなし
リラックスして心地よく施術を受けて頂ける環境を提供致します。

ピコレーザーの症例

ピコトーニングの症例写真
【ピコレーザートーニング+ピコフラクショナル10回以上+全顔ピコスポット】
 
ピコトーニングの症例写真
【ピコレーザーによるメンテナンス+HIFU・ダーマペン・水光注射などの組み合わせ】
 
ピコトーニングの症例写真
【ピコレーザートーニング10回+全顔ピコスポット】
軽度の肝斑に重なるように点状のシミが散見される状態です。肝斑とシミが重なる状態でのピコスポットは肝斑悪化のリスクを伴うため。ピコトーニングを10回実施後、肝斑の改善を認めたうえでピコスポットを実施しております。症例は最終のピコスポット実施後1か月の状態になります。
ピコトーニングの症例写真
【ハイドラジェントル10回+ピコフラクショナル10回 2週間に1回実施】
ベースにニキビ肌があり、色素沈着と毛穴の開き、シミがお悩みのお客さまでした。10回の治療のより大幅な肌質向上を得ることができました。
ピコトーニングの症例写真

【ピコレーザートーニング10回+ピコフラクショナル10回】

大きなシミは認められないが、肌のくすみ、中程度の肝斑、毛穴の開きがお悩みのお客様でした。ピコレーザートーニングの色調改善効果、ピコフラクショナルの凹凸改善効果により肌質が大きく向上し滑らかな印象のお肌へと生まれ変わりました。
ピコトーニングの症例写真

【ピコトーニング15回】

【ピコフラクショナル15回+ピコトーニング15回】
やや深いニキビ跡が見受けられるお肌の状態でしたが。根気強く通院しレーザー治療を繰り返すことで大幅な肌質の改善を得ることが出来ました。

ピコレーザーの動画

ピコトーニングとは

お顔全体にピコレーザーを照射し、シミ・くすみの原因であるメラニンを分解します。
シミや肝斑の改善作用があり、また熱による作用でコラーゲン生成を促し肌のハリ感もアップします。

こんな方におすすめ

美白効果を出したい 肌のトーンアップをしたい
シミ・ソバカスが目立つ 肝斑を改善したい
これまでのレーザートーニングやIPLで満足できなかった 肌のハリや弾力が衰えてきた

ピコトーニングの特徴

ピコトーニングの写真
ピコトーニングの写真
ピコ秒照射で肌の表面へのダメージが少ないため、痛みが少ない。 早く高い美白効果、ホワイトニング効果。
ダウンタイムがほとんどない。 肝斑の治療回数が少なくてすむ。

ピコトーニングの詳細情報

施術時間 10分
ペース 1-2週間に1回
ダウンタイム ほぼなし
副作用・リスク 発赤、ヒリヒリ感
洗顔・メイク・シャワー・入浴 当日から可能です
お勧めの頻度 強力に美肌効果を感じたい方:1週間に1回
一般的なペースで治療を進めたい方:2週間に1回
メンテナンス目的の方:1か月に1回

料金について

ピコトーニング
全顔1回 (初回)9,800円、(通常)14,800円
首1回 (初回)9,800円、(通常)14,800円
デコルテ1回 (初回)19,600円 (通常)29,600円
脇1回 7,800円
手の甲1回 7,800円
上腕外側(両側)1回
前腕外側(両側)1回
(初回)9,800円 (通常)14,800円
  (初回) 9,800円 (通常)14,800円
背中上1回 (初回)19,600円 (通常)29,600円
      ピコトーニング 5回(顔/首/上腕外側/前腕外側・各)
ピコトーニング5回(背中上)
49,800円
99,600円
      ピコトーニング 10回(顔/首/上腕外側/前腕外側・各)
ピコトーニング10回(背中上)
89,800円
179,600円
パーツ別のコースは5回、8回があり、10%Offにてご案内致します。
ハイパーピコトーニング
全顔1回 (初回)19,600円、(通常)29,600円
首1回 (初回)19,600円、(通常)29,600円
デコルテ1回 (初回)39,200円 (通常)59,200円
脇1回 15,600円
手の甲1回 15,600円
上腕外側(両側)1回
前腕外側(両側)1回
(初回)19,600円 (通常)29,600円
  (初回) 19,600円 (通常)29,600円
背中上 1回 (初回)39,200円 (通常)59,200円
      ピコトーニング 5回(顔/首/上腕外側/前腕外側・各)
ピコトーニング5回(背中上)
99,600円
199,200円
      ピコトーニング 10回(顔/首/上腕外側/前腕外側・各)
ピコトーニング10回(背中上)
179,600円
359,200円
パーツ別のコースは5回、8回があり、10%Offにてご案内致します。
※従来のピコトーニングに比べショット数が倍になります。より短期間で効果を実感したい方におすすめです。

ピコフラクショナル(ピコフォーカス)とは

お顔全体に点状に強力にレーザー照射することで、肌の再生・活性化を促します。従来のレーザーよりもダウンタイムが圧倒的に少ないにも関わらず。コラーゲン生成やエラスチン形成を促し肌のハリ感・質感もアップします。

従来のCO2フラクショナルレーザーでは肌表面に対するダメージが強かったため、赤みやざらつきなどのダウンタイムが必須でした。(一般的に赤み3日間、ざらつき1週間)。しかし、ピコレーザーによるフラクショナル レーザーは照射時間がピコ秒と短いので、肌表面へのダメージを最小限にでき、施術直後でも赤みやざらつきなどがほとんどありません。

こんな方におすすめ

毛穴治療したい ニキビ跡を綺麗にしたい
小じわや肌のキメを整えたい 肌全体を綺麗にしたい
従来のCO2フラクショナルレーザーのダウンタイムが辛くて続けられなかった 従来のCO2フラクショナルレーザーが痛くて続けられなかった

ピコフラクショナル(ピコフォーカス)の特徴

ピコフラクショナルの特徴
  • 従来のレーザートーニングに比べピコ秒照射で肌の表面へのダメージが少ないため、痛みが少ない。
  • ダウンタイムがほとんどない。
  • 毛穴改善効果。
  • 肌質改善効果。
  • 小じわ改善効果。

ピコフラクショナル(ピコフォーカス)の詳細情報

施術時間 10分
ペース 2-4週に1回
ダウンタイム 2,3時間
副作用・リスク 発赤、ヒリヒリ感、赤みは出ますが当日におさまります
洗顔・メイク・シャワー・入浴 当日から可能です
お勧めの頻度 2~4週間に1回。ピコトーニングと同日に施術可。

料金について

全顔1回 初回 14,800円 通常 39,800円 
※(当院コース通院中の方)20,000円
鼻1回 9,800円
鼻・頬骨上1回 14,800円
首1回 19,800円
デコルテ1回 49,800円
手の甲1回 19,800円
背中ブラ上1回 59,800円
ピコフラクショナル 5回(全顔) 89,800円
ピコフラクショナル 10回(全顔) 148,000円
パーツ別のコースは5回、8回があり、10%Offにてご案内致します。

シミ取り(ピコスポット)とは

ピコスポットの特徴
シミに対して直接ピコレーザーを照射します。シミ・ソバカス・ADMなどを改善できます。1回のスポット照射でシミが取れることが多いです。従来のヤグレーザーなどはレーザー照射後に1週間〜10日間くらい絆創膏を貼る必要がありましたが、ピコショットではテープ保護の必要はありません。従来のレーザーよりもダウンタイムが圧倒的に少なくなりました。

ピコスポットの症例と経過

ピコトーニングの症例写真

ピコスポット照射2か月後


 
ピコトーニングの症例写真

ピコスポットの経過


 

ピコスポットのダウンタイムとリスク

ピコスポットの直後の赤み

ピコスポットの直後の赤み

ピコスポット1か月後の色素沈着

ピコスポット1か月後の色素沈着

こんな方におすすめ

シミを1回で取りたい方 シミ・ソバカスが目立つ方
ADMを薄くしたい方 従来のレーザーでのシミ取りのように、施術後に絆創膏を貼りたくない方

シミ取り(ピコスポット)の詳細情報

施術時間 10分
ペース 照射部位は最低1か月以上はレーザー避ける。ピコスポットの間隔は3か月以上。
ダウンタイム 1週間程度してからシミがカサブタになって剥がれます
副作用・リスク 色素沈着、再発
洗顔・メイク・シャワー・入浴 当日から可能です
お勧めの頻度 基本的に1回の施術でシミは薄くなりますが。状態よっては複数回のピコスポット(2,3か月空けて)が必要な場合もあります。またピコスポット後にピコトーニングを重ねるとより総合的な美肌効果を狙えます。

料金について

5mm以内(1カ所) 5,000円
<5mm毎に(1カ所) +5000円
全顔取り放題 98,000円
肩取り放題 198,000円

ピコレーザーのQ&A

 

Qピコレーザートーニング1回でしみ・そばかすはとれますか?
A薄いしみやそばかすは1回でもかなり薄くなりますが、肌の奥にあるメラノサイトがメラニン色素を作らなくなるまで複数回の治療をお薦めします。
 
Qピコレーザートーニング治療の当日は化粧や洗顔はできますか?
A当日治療後にお化粧してお帰りいただけますので、化粧品等をご持参ください。肌が敏感になっていますので、当日及び治療後2〜3日はこすったりせず、優しく洗顔してください。また日焼けしないように十分注意して、保湿をしっかり行なってください。
 
Qピコレーザートーニング治療美白効果はどれくらいですか?
Aほとんどの方は1回目から治療部位が1トーン明るくなったと実感されると思います。
 
Qピコレーザートーニングに副作用等はありますか?
Aピコレーザー装置は医療機器ですので、医療機関で使われていればまったくありません。
 
Qどれくらい時間がかかりますか?
A初回は問診などがあるため1時間程度、2回目以降は20~30分程度です。

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.