[1]   2   3   4   >>   
2022年06月15日(水)

糸リフト静脈麻酔と笑気麻酔どっちがいいの(´・ω・`)?

こんにちは
NBCスタッフです☆

連日大人気の糸リフトですが
今日は静脈麻酔を使用しての糸リフトについて
詳しくご紹介しようと思います(*‘ω‘ *)

当院では最近、静脈麻酔で糸リフトされている
患者様が急増しております(^^)/

♦静脈麻酔を使うメリット♦

オペへの恐怖心が薄れる!
リラックスした状態で受けることができるので
体のこわばりが取れオペ後の痛みがより少なくなる!
局所麻酔の量を減らすことができるので
腫れがより少ない!

などなど
オペに不安の方は静脈麻酔を選択
いただくことをオススメします(*'ω'*)

もちろん笑気麻酔で行うのもOKですので
ご自身に合う方法で麻酔を選択してください♡

今月は辻野先生による静脈麻酔を使った糸リフトが
破格でお受けいただけるキャンペーンを
行っております(*´ω`)

6月も残り少なくなってきておりますので
希望の方はお早めに(^<^)

皆様のお問い合わせをお待ちしております♡

NBeautyClinic銀座

2022/06/15 11:19 | 糸リフト | コメント(0)

2022年04月13日(水)

首のたるみ治療にはなにがおすすめ(?_?)

こんにちは!
NBCスタッフです(*^^*)
 
本日は首のたるみ治療についてお話します(^^)/♪
 
お顔のたるみとともにお悩みの多い首元のたるみ…
年齢は首や手元に現れるといわれる事も多く、気になる部位ですよね。
 
首のたるみ治療というと首に直接アプローチするものにフォーカスしてしまいがちですが、
実はお顔のリフトで顔をしっかり上げることも首のリフトに繋がってきます!(^^)!
 
なぜなら顔と首は繋がっており、たるみは顔から首にかけて広がっていく為、
顔をしっかりリフトして上げることで首のたるみの一緒にリフトすることが出来ます☆
首が特に気になる…!という方は
頬の下端まで糸をいれることで首のリフトアップをよりしっかり実感しやすくなります!
それぞれの患者様のお悩みに沿って、担当医がデザイン致します(^^♪
 
また首の経年変化は下がるというよりも皮膚が薄くなって広がっていく、というような変化を生じます。
皮膚の薄い箇所はハイフやサーマの反応性が良い箇所になるためタイトニング系の施術が有効です!!
 
また首のしわやたるみは広頚筋(首に存在する顔を下に引っ張る筋肉)の運動によっても生じます。
そのため、ボトックスを定期的に受ける事も有効ですよ(^^♪

首のたるみ治療はアンチエイジングに欠かせません。
お顔の施術と一緒にケアしていきましょう☆

N Beauty Clinic銀座

 

2022/04/13 17:26 | 糸リフト | コメント(0)

2021年12月15日(水)

糸リフトの本数は何本必要か?


皆様こんにちは。NBCスタッフです。
12月に入り今年もあと残すところ2週間となりましたね。

今回は12月キャンペーンでも好評の糸リフトの本数についてご案内します。

ご相談にいらっしゃる患者様から多いのが

「本数は何本必要ですか?」といったお声を多く頂戴します。

一般的に糸リフトの場合は左右合計で4本~12本の本数設定になっています。
患者様にお伺いすると耳から顎先にかけてのたるみを指さされる方が多いのですが
実際は耳からこめかみにかけても年齢によるゆるみが生じるため
顎先から頭頂部付近までしっかりあげることが重要となってきます。
有効なリフトアップをするには距離が重要なので、当院ではホホ骨を中心に下はフェイスライン下縁まで、
上は側頭部~頭頂部にかけて糸を挿入します。


その為、
最低でも頬骨~フェイスライン下縁までで1本、
上は側頭部~頭頂部にかけて1本、左右併せて合計4本が必要
となります。

糸は本数が多いほど引き上げの効果はあがりますが、
14本(左右7本ずつ)になってくると一般的な引きあがり効果と離れてくるため、
12本(左右6本ずつ)を最大としています。


定期的に糸のリフトを行っている方はメンテナンスで4~6本が目安です。
糸の治療が初めての方・前回の治療から期間が空いてる方は
面で引き上げる方がよりしっかり効果が出るので8~12本がお勧めです。


糸の本数が増えることにより、腫れ強くなるなどの不安を持たれる方も多いですが、
糸の本数で腫れへの影響が大きくなることはございません。

糸が増えるに従って引き上げの効果も高くなり、糸の周りに生成されるコラーゲンなども増えるので
本数を多くすることで得られるメリットの方が大きいのです。


お陰様で年末に向け、多くのご予約を頂戴しております。
年内に治療をご検討の方はお早めにお問い合わせくださいませ。
皆様のご来院を心よりお待ちしております。

NBeautyClinic銀座

 

2021/12/15 15:15 | 糸リフト | コメント(0)

2021年10月13日(水)

♡スタッフの糸リフト体験談♡

こんにちは NBCスタッフです(^^)/

今回はたるみについてお話しいたします。

突然ですが、私は30歳になる頃から顔のたるみが気になり始め、悩んでいました。

フェイスラインのたるみ、口横のもたつき、くっきりした法令線・・・鏡を見るたびに落ち込んでいました。

ネットで「たるみ 改善」 と調べると表情筋のエクササイズやマッサージやサプリメントなどあらゆる改善策が出てきます。
それらを試してみるも劇的な変化は望めませんでした。

今すぐなんとかしたい!!と思い、糸リフトをすることにしました(^^)/

もちろん当院院長の米澤先生にしてもらいました☆

当院の糸リフト、NBリフトは切らない糸リフトです。

NBリフトをやる前はいくら切らないとはいえ、「怖い」「痛くない?」「腫れる?」「ダウンタイムは?」など、少し不安な気持ちになりましたが・・・


実際オペを受けてみると、全然痛くなかったのです!!

院長はとても丁寧に糸を入れてくれますし、優しく声掛けしてくれます(^^)/

オペ後、鏡を見てビックリ!

フェイスラインと口元のたるみはなくなり、法令線の溝も薄くなったのです♡
しかもたるみがなくなるので、小顔にもなっていました。

そして腫れもほとんどなく、2日後には友達とランチに行きました♡

友達にも自然で綺麗になっていると褒められました☆

私は周りの人に話したくなってしまうタイプなので、オペを受けたことを友人に即報告しましたが、周りの人にバレたくない!
という方は自分から話さなければバレないと思います☆

それくらい自然で綺麗です(^^)/

なぜそこまで自然に綺麗にリフトアップするのか・・・

それはフェイスラインと側頭部の2方向に糸を挿入し、お顔をより高い位置に定着させる新しいアプローチだからです☆

そして何より院長の豊富な経験、確かな技術力とセンスで綺麗なお顔にしあげてくれます

たるみに悩んでいる方,たるみの予防をしたい方,ぜひ米澤院長のNBリフトおすすめです✫

まずはカウンセリングから受けてみてはいかがでしょうか(^.^)

皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしております。




 

2021/10/13 09:55 | 糸リフト | コメント(0)

2021年09月17日(金)

糸リフト・切開リフトについて(^^)/☆

こんにちは!
NBCスタッフです(^^)/
 
今回は糸リフトと切開リフトの違いや
「糸リフトと切開リフトってどちらがいいの?」というご質問にお答えしていきます☆
 
まず切開リフトとは…
頭髪内や耳の周りにメスを入れて皮膚を切除し、たるみやしわのお悩みを改善する治療です。
お顔のボリュームのある箇所を一部切り捨て、残りの組織を縫い合わせることで引き上げを行います。
たるみは見かけ上少なくなりますが、一度失われた皮膚や組織は元に戻りません
また引き延ばされた皮膚や組織はどうしても薄くなってしまいます
 
つぎに糸リフトとは…
糸を挿入しお顔のたるみをリフトアップする治療です。
糸には「コグ」というトゲのようなものがついており、皮下組織にひっかかることで、お顔をリフトアップします。
お顔の組織を元の位置に引き上げ、定着させることが可能です。
またコラーゲン生成により組織量をプラスに働きかけるよう作用します
 
切開リフト、糸リフトどちらもリフトアップの施術としてはとても有効ですが、
有限である組織を失ってしまう切開リフトと組織量がプラスになるよう作用する糸リフトでは
トータルで見たときの若々しい顔立ちやみずみずしい肌質は
糸リフトによるメンテンナンスに基づいたエイジングケアが優れているのではないかと近年言われております!


また当院では、切開リフト後の患者様への糸リフトのご施術も多く行っております。

最終的にお顔のたるみに関しては
パターン①:切開リフト→糸リフト
パターン②:糸リフト→糸リフト
という施術サイクルに帰結するためどちらの施術を選択されてもゴールは同じと考えられます。

それであれば精神的、身体的にもまた経済的にも持続可能な
糸リフトによるたるみ治療
選択することが合理的と当院では考えております。
 
当院は糸リフトの施術を多数行っております!(^^)!
HPやInstagram、Youtubeへ症例も載せておりますので
上記症例のように施術直後より腫れ・内出血の少ない当院のNBリフトを是非ご覧ください♪


N Beauty Clinic銀座

 

2021/09/17 11:22 | 糸リフト | コメント(0)

[1]   2   3   4   >>   

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.