PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)は、お肌のシワ・たるみ・くぼみといった諸症状に効果のある施術方法で、お肌の再生に自分の血液を使うエイジングケアです。患者様自身の血液の中にある血小板に含まれている成長因子を抽出して、お肌の再生を促します。体内にお持ちになっている血小板に含まれた自然な成分を用いて行う施術となりますので、異物を体内に注入するような心配もありません。

こんな方におすすめ

ヒアルロン酸注入などが気になるけれど、異物に抵抗がある 自分自身のコラーゲンを増やしたい
注入ではなくお肌自身を再生させたい。 自然なスピード感でエイジングケアをしたい
目元のシワやお肌の凹みが気になる なるべく持続性のある治療がいい。

施術可能な箇所

目の周りの小ジワ 額の小ジワ
眉間のシワ 手の甲や指先の小ジワ
ほうれい線やマリオネットライン 口回りのシワ

当院が選ばれる5つの理由

①厚生労働省の再生医療の認可を受けたクリニック
当院は2014年に施行された再生医療等の安全性確保等に関する法律(以下、再生医療法)に基づき、第3種の再生医療に関して第三者の専門委員会の審査を経て提供を許可されています。そういった正式な手続きに基づいて安全性を確保したうえでPRP治療を提供しています。

②安全な自己型注入剤
PRP(多血小板血漿)注入療法は、ご自身の血液から専用の自己型注入剤を作り、血小板と白血球の放出する成長因子によって、シワ・たるみなどの老化症状を改善させる新しい美容再生治療です。


③コラーゲン増加作用
皮膚再生因子(AGF:Autologous Growth Factors)」が含まれているため、真皮に存在する線維芽細胞を活性化し、毛細血管の新生やコラーゲンの産生を促し、お肌にハリや弾力を与え、みずみずしく若々しいお肌へ再生します。
 

④お肌の状態に合わせた施術
院長の適切な肌診察のもと敏感肌の方にも対応できます。

 

⑤プライバシーを配慮して空間
個室待合を完備しており、リラックスして心地よく過ごして頂ける環境を提供致します

PRPで注入する「成長因子」について

PRP皮膚再生療法で用いる重要な美容成分として、「成長因子」と呼ばれるものがあります。成長因子は体内の衰えた細胞や血管の回復を促す力を持っており、効能としては繊維芽細胞の活性化や、コラーゲンの産出の促進、血管の新生といった幅広いものがあります。

PRPの注入の持続と頻度について

PRP(多血小板血漿)注入はヒアルロン酸フィラー注入のように、直後からボリュームアップ効果を実感していただける治療ではありません。注入のご自身の創傷治癒力を利用し、線維芽細胞の活性化とコラーゲン線維の増生により真皮の厚みをナチュラルに増やす再生治療のため、臨床効果は1ヵ月後から少しずつ出現し、約半年間に渡って細胞の活性・再生が促されます。一度増えたコラーゲン線維は消えることはなく、年に1~2回の施術で若さをキープできます。初期治療や老化の程度によっては2~3ヵ月後に再注入すると理想的な効果が期待できます。

PRP水光注射と手打ちのPRP注入の比較

ご自身の血液から成長因子を豊富に産生させる血小板を濃縮して採取し、肌を若返らせ再生させたい所へ注入するという点では変わりません。ダーマシャイン®を使う水光プラスはPRPを微量ずつ浅くに広範囲へ注入できるため、お顔全体の浅いシワやたるみ、ちりめんジワなどを改善させることが出来ます。同時にソフトヒアルロン酸を少量混ぜることで、PRPの効果を高め、直後から潤い感がアップします。しかしながら、目の下の青グマ、まぶたの凹み、ちりめんジワの1本1本に集中して注入をご希望される場合は、手打ちのPRP(多血小板血漿)注入がお勧めです。

ヒアルロン酸注入とPRP注入の比較

シワと凹みの深い方、すぐに効果を出したい方にはヒアルロン酸注入によるボリュームアップが向いています。すでにヒアルロン酸注入を2回以上同一部位に注入されて浅くなっている方、20代~30代でシワが浅い方、自己の成分を用いた自然な変化を求められる方にはPRP(多血小板血漿)注入をおすすめします。またPRP(多血小板血漿)注入は目元の青グマ・ちりめんジワ・たるみ、たるみ毛穴やニキビ跡などに非常によい適応があります。

PRPの詳細情報

施術時間 30分~60分(遠心分離含む)
ダウンタイム 2,3時間(稀ですが内出血する場合がございます)
洗顔・メイク・シャワー・入浴 当日より可能です。
リスク 腫れ・内出血

料金について

2cc(直接注入) 30,000円
PRP水光注射(顔全体) 70,000円
ヴァンパイアフェイシャル(PRPダーマペン) 70,000円

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.