切らない目の下のクマ取り(ふくらみ取り)

目の下のふくらみ取り(経結膜脱脂術)

※より大きな目元の若返り効果には目の下のたるみ取り切開法もございます。

切らない目の下のクマ取り(ふくらみ取り)

切らない目の下のクマ取り・たるみ(ふくらみ)取りとは、下まぶたの裏側から脂肪を取り出し、クマやたるみを改善する施術です。お顔の表面には一切傷がつかずに 、術後の腫れなども少ないという特徴があります。
※より大きな目元の若返り効果には目の下のたるみ取り切開法もございます。

お客様に合わせたオーダーメイド治療をご提案

オーダーメイドデザイン 内出血を抑える機材(電気メスやバイポーラを使用)
充実した痛み・腫れ対策 高度な技術力

目の下にクマ・たるみ(ふくらみ)があると、下まぶたに影になって表情が暗く老けてみえたり、目元にハリがなくなったりして、疲れた印象を与えてしまいます。

最新機材による正確な施術を提供

目の下のクマ・たるみ(ふくらみ)の原因

目の下のクマやたるみ(ふくらみ)の原因は、加齢とともに肌のハリや弾力が低下し、目の下の脂肪(眼窩脂肪)が前に押し出されて起こります。目の下の脂肪を適切な量除去することで、若々しい目元に戻すことができます。また、目の下の脂肪が生まれつき多い方は、疲労や睡眠不足による血行不良などでも目の下がふくらみやすいので、たるんでいるように見られてしまいます。

切らない目の下のクマ取り(ふくらみ取り)のメカニズム

目の下の脂肪取り(経結膜脱脂法)は、たるみの原因である下まぶたの脂肪をまぶたの裏側から取り出すことで、クマやたるみを改善します。目の下のくぼみの影が原因でクマに見える場合は、ヒアルロン酸注入によって皮膚を持ち上げることで、くぼみを目立ちにくくすることも可能です。

目の下のクマ取りの説明
目の下のクマ取りの説明

切らない目の下のクマ取り(ふくらみ取り)の症例写真

切らない目の下のクマ取りの症例写真・タップで高解像度

切らない目の下のクマ取りの症例写真・タップで高解像度

切らない目の下のクマ取りの症例写真・タップで高解像度

切らない目の下のクマ取りの症例写真・タップで高解像度

切らない目の下のクマ取りの症例写真・タップで高解像度

切らない目の下のクマ取りの症例写真・タップで高解像度

切らない目の下のクマ取りの症例写真・タップで高解像度

切らない目の下のクマ取りの症例写真・タップで高解像度

切らない目の下のクマ取りの症例写真・タップで高解像度

切らない目の下のクマ取りの症例写真・タップで高解像度

切らない目の下のクマ取りの症例写真・タップで高解像度

切らない目の下のクマ取りの症例写真・タップで高解像度

クマ取り(下眼瞼脱脂術)の症例写真・タップで高解像度

クマ取り(下眼瞼脱脂術)の症例写真・タップで高解像度

クマ取り(下眼瞼脱脂術)の症例写真・タップで高解像度

クマ取り(下眼瞼脱脂術)の症例写真・タップで高解像度

クマ取り(下眼瞼脱脂術)の症例写真・タップで高解像度

クマ取り(下眼瞼脱脂術)の症例写真・タップで高解像度

目の下のふくらみ取り(経結膜脱脂術)の症例
目の下のふくらみ取り(経結膜脱脂術)の症例
目の下のふくらみ取り(経結膜脱脂術)の症例
目の下のふくらみ取り(経結膜脱脂術)の症例
施術の説明 下まぶたの脂肪を除去する施術
料金 248,000円~522,800円(税込272,800円~575,080円)                  
(モニター割有)
副作用・リスク 腫れ/痛み:
2日~1週間位、
内出血:1~2週間位

切らない目の下のクマ取り(ふくらみ取り)の動画

院長の体験談

目の下のふくらみとり(経結膜脱脂)の症例写真
自分自身も疲れた印象を気にしており。寝不足や夕方の時間帯になると眼窩脂肪が浮腫んでより疲れて見えると周りから言われました。施術を受けたことにより周囲の方から実年齢よりかなり若く見られる機会が増えたと実感しております。施術自体もホホを抑えられる感覚がある以外は特段強い痛みが感じませんでした。眼窩脂肪を除去する際は脂肪を引っ張ると痛みが出ることは自身の経験から把握しており施術させていただく際は眼窩脂肪にテンションがかけず丁寧に細かく局所麻酔を使い、痛みの少ない快適な施術をご提供できるよう最大限努めさせて頂いております。

切らない目の下のクマ取り(ふくらみ取り)の詳細情報

施術時間 30-60分
ダウンタイム 1週間程度
洗顔・メイク・シャワー・入浴 翌日から
コンタクト 5日後から
リスク 腫れ・内出血・左右差・結膜浮腫

料金について

ベーシック 248,000円(税込272,800円)
スタンダード 348,000円(税込382,800円)
プレミアム 448,000円(税込492,800円)
静脈麻酔 50,000円(55,000円)
笑気麻酔 5,000円(5,500円)
  • ベーシック:ふくらみが軽度の方向きの手術方法です。主に中心の脂肪を除去。
  • スタンダード:ふくらみが中程度の方向きの手術方法です。3つのすべての脂肪を除去。
  • プレミアム:ふくらみが重度で3つのすべての脂肪を除去致します。さらに高周波で内部組織のタイトニング処理を行います。より引き締まった目元の仕上がりを希望の方向けの施術です。

全顔モニターについて

写真のみ(目元) 10%オフ
写真・動画(全顔) 15%オフ
  • ベーシックに関してはモニターの募集はございません。

切らない目の下のクマ取り(ふくらみ取り)の解剖

目の下のふくらみ取り(経結膜脱脂術)
下眼瞼脱脂術の写真

眼窩脂肪の横断面

下眼瞼脱脂術の写真

目の下のふくらみの原因となる脂肪は3つのエリアに分けられます。

切らない目の下のクマ取り(ふくらみ取り)のQ&A

経結膜脱脂術(クマ取り)とハムラ法の違いを教えてください。
分かりやすく説明すると。脱脂術は膨らんでいる余分な脂肪を取る施術。ハムラ法は膨らんでいる余分な脂肪を出てきている穴に押し込む施術になります。ハムラ法は皮膚切開(まつげの下)を伴うもの。裏ハムラ法は結膜切開(下まぶたの内側)を行うものになります。ハムラ法では余分な脂肪を除去する訳ではないので術後再度膨らんでくる(再ヘルニア)を起こす可能性が残ります。またハムラ法では皮膚に切開創が出来ます。40代以下の方は脱脂術を中心に、50代以上の方は下眼瞼除皺術(皮膚切除)+脱脂術(オープン法)を当院ではおすすめしております。
クマ取り(下眼瞼脱脂術)の際は目の下に脂肪注入を一緒にやらなくても大丈夫なんですか? 脂肪注入を行っても一定期間すれば減少します(無くなります)。つまりクマを取る(脱脂)ことと、目の下の注入治療(メンテンナンス)を行なう事は分けて考える必要があります。よく「クマ取り(脱脂)をする場合は脂肪注入をしないと凹む」という文言を効きますが正確な事実と異なりセールストークです。いづれにしても脱脂等の手術はよく調べてから納得して施術を受ける事をおすすめ致します。
目の下のヒアルロン酸注入とクマ取り(下眼瞼脱脂術)ではどちらを先に受けるべきでしょうか?

施術の順番としてはクマ取り(下眼瞼脱脂術)をしてからヒアルロン酸注入の方が流れが望ましいものとなります。目の下にヒアルロン酸が張っていると若干手術の際に脂肪が取り出しにくくなる為。ただ全ての人が手術を受ける訳でもなく。また心の準備の問題もあるため。手術に踏み切れない方はまずはヒアルロン酸注入などハードルの低い施術を受けてみてもいいのではないでしょうか。
眼窩脂肪を取ると目の下が凹んでしまうことはありますか? 適正量の脂肪取りはそれだけで目の下が凹んでしまうことはありません。クマ取り(脱脂)をする場合はかならず何らかの注入が必要なイメージが世の中に広まっていますが誤った知識と言えるでしょう。
脱脂後にPRP、ヒアルロン酸や脂肪注入を行う場合はいつのタイミングがいいですか? 腫れや浮腫みが十分落ち着いた1か月後を目安に注入を検討することをおすすめします。同時日の施術ももちろん可能ですが誤差が大きくなります。
クマ取る(下眼瞼脱脂術)の決心がつきません。それまでにおすすめの施術はありますか。 ゴルゴライン(目の下)のヒアルロン酸注入やPRP注入、目の周りのハイフなどが有効な施術となります。ボリュームロスを補うことや、PRP,ハイフなどで薄い目の周りの皮膚のコラーゲンを増やして張り感を高めておくことは脱脂をするしないに関わらず綺麗な目周りを維持する上で大変有効な施術となります。

ご予約・ご相談

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.