NBリフト

糸リフト(NBリフト)

NBリフトとは

糸を挿入しお顔のたるみをリフトアップする治療です。
糸には「コグ」というトゲのようなものがついており、皮下組織にひっかかることで、お顔をリフトアップさせることが可能になります。
糸には吸水性と非吸水性があり、吸水性の糸を用いたリフトアップ治療は安全性が高いのが特徴です。当院では吸水性の糸を使用しています。

こんな方にオススメ

たるみを改善したい 小顔になりたい
ほうれい線が気になる。 マリオネットラインが気になる
肌にハリをだしたい たるみ予防をしたい

当院の糸リフトが選ばれる5つの理由

①美しい仕上がり
2万以上の症例数。通算10万以上の糸の挿入実績を元に一人一人のお客様に自然で美しい最高水準のリフトアップ体験をお約束致します。

②続けやすい価格と内容
NBリフト2本はモニター価格で79,000円 (税込86,900円)からと安心な価格です。また術後のダウンタイムも少なく人気の治療です。

③引き上げ・美肌・たるみ予防効果
当院独自のNBリフト(糸リフト)は、糸による当院のみのオリジナルリフトアップ術です。引き上げ効果・美肌効果・たるみ予防効果の3つの効果でエイジングの原因となる症状に根本からアプローチ致します。

④小顔効果
「NBリフト®(糸リフト)」は特殊加工された繊細な極細糸により、頬・チークラインなどの気になるフェイスラインのたるみを引き上げる、最先端のテクノロジーを用いた「切らないフェイスリフト」です。糸から産生されるコラーゲンが皮膚をしっかりと支えてたるみを予防し艶のある美肌への効果も期待できます。

⑤長期持続
当院で使用している糸は2年ほどで溶けますが、それによって皮膚が下がることはなく、溶けた糸はご自身の結合組織に置き換わるのです。再注入すればするほど、結合組織は強靭なものとなり、たるみが出にくいお肌になります。

糸リフトの傷跡とダウンタイム

糸リフト(NBリフト)の症例

正面から見ると顔の側面が麻酔の影響で若干のハレが生じます。主に麻酔液によるハレの為、糸の本数とハレの大きさは関連性が低い考えられます。

糸リフト(NBリフト)の症例

傷跡はもみ上げ内に収まるデザインを採用。一つの傷口から複数糸を入れるので2ヶ所のみになります。なお傷口はフェイスラインや頭皮下には出来ません。

糸リフト(NBリフト)の症例

麻酔によるフェイスラインの浮腫みは2,3日~最大7日程度で治ることが多いです。

糸リフト(NBリフト)の症例

お顔の左右差等も考慮してデザインしますが傷跡は左右ほぼ対称となる事が多いです。

糸の入れ方とデザイン

糸リフト(NBリフト)の症例

糸リフトで有効なリフトアップをするには距離が重要なのでホホ骨を中心に下はフェイスライン下縁まで、上は側頭部~頭頂部にかけて糸を挿入します。

糸リフト(NBリフト)の症例

お顔全体がバランスよく引き上げられるよう糸を挿入致します。要望によりデザインは細かく微調整が可能です。なお傷口はフェイスラインや頭皮下には出来ません。

ホホ骨が目立っている方への糸リフト

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト8本+ホホ横HY

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト8本+ホホ横HY

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト8本+ホホ横HY

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト8本+ホホ横HY

ホホ骨が目立ってしまいフェイスラインに自信がないという方の相談も良く受けます。糸リフトとホホ横への適量のヒアルロン酸などの注入でお顔の滑らかさを整えることが可能です。人間の顔は年ごとに様々な変化をしています。その変化に合わせてお顔をメンテナンスしていくことが究極の美に繋がるのではないでしょうか。

糸リフトの症例

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト8本

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト8本

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト4本+12か月後に4本メンテナンス

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト4本+12か月後に4本メンテナンス

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト(糸リフト)4本

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト(糸リフト)4本

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト8本

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト8本

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト8本

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト8本

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト8本

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト8本

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト(糸リフト)8本

糸リフト(NBリフト)の症例

NBリフト(糸リフト)8本

糸リフトの長期経過(1年後)の比較

初回の糸リフト直前と2回目の糸リフト直前の比較画像です。ちょうど糸リフトの施術後、調度12か月経過しておりますがフェイスラインのシャープさが保たれている様子が分かります。

糸リフトの動画

従来の糸リフトとの違い

NBリフトと従来の糸リフトの違い
従来の糸リフトで使用される糸の一覧及び詳細はページ後半に記載しています。

当院の糸リフトの特徴

糸リフト(NBリフト)の様々な効果
当院のNBリフトはただ糸の張力で引き上げる従来の糸リフトとが異なり、アンチエイジングしにくい顔が作り上げていく上で重要となる様々な付加効果を兼ね備えております。NBリフト®」で使用している糸は、最先端の技術を用いた特殊なフェイスリフト専用の糸です。 ISO13485(医療機器の品質保証のための国際標準規格)、GMP(医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準)、KFDA(韓国食品医薬品安全庁)など厳しい認定基準をクリアしたものとなります。

糸リフトの詳細情報

施術時間 約30分
抜糸 必要ありません
施術後の通院 必要ありません
ハレ 1-2日程度 ※個人差があります
痛み 数日間軽い痛みはあります
内出血 1〜2週間程度
(メイクでカバーできる程度です) ※個人差があります
針穴 数日間は赤みがあります ※個人差があります
麻酔 笑気麻酔、局所麻酔を使用します
メイク/洗顔/入浴/シャワー  当日から可能です
(1週間はお顔を強くこすったりしないようにお気をつけください)
激しいスポーツ 2週間程お控えください
お顔への強いマッサージ 2週間程お控えください
その他 施術直前の食事はお控えください
糸リフト施術後は1か月間前後大きく口を開けにくくなる可能性がございますので歯科治療などはそれを踏まえた上でスケジュールを立てて下さい。

料金について

NBリフト
※糸の直径1.2mm,長さ170mm。素材PCL+PLLA。
※完全吸収まで24か月。
NBリフト 2本 158,000円 (税込 173,800円)
NBリフト 4本 278,000円 (税込 305,800円)
NBリフト 6本 398,000円 (税込 437,800円)
NBリフト 8本 518,000円 (税込 569,800円)
NBリフト 10本 638,000円 (税込701,800円)
NBリフト 12本 758,000円 (税込 833,800円)
NBリフト 1本 89,000円 (税込 97,900円)
NBリフトソフト
(モニター募集なし)
※糸の直径0.8mm,長さ120mm。素材PCL。
※完全吸収まで12か月。
NBリフトソフト 2本 79,000円(税込み 86,900円)
NBリフトソフト 4本 139,000円 (税込み 152,900円)
NBリフトソフト 6本 199,000円 (税込み 218,900円)
NBリフトソフト 8本 259,000円 (税込み 284,900円)
NBリフトソフト 10本 319,000円 (税込み 350,900円)
NBリフトソフト 12本 379,000円 (税込み 416,900円)

NBリフトモニターのご案内

下記の種類のモニターにご協力して頂ける方には割引料金がそれぞれ適用されます。写真は各種SNS、ホームページ等に使用されます。また動画はそれらに加え、YOUTUBE、ホームページに使用される可能性があります。
種類 割引率
アンケートモニター 30% 
写真のみモニター・目隠し有り 35% 
写真のみモニター・目隠し無し 40% 
写真・動画モニター・目隠し有り 45% 
写真・動画モニター目隠し無し 50% 

NBリフトのQ&A

糸リフトと切開のフェイスリフトはどちらがおすすめですか? 美容外科が始まって以来ずっと続けられてきた論争になります。まず糸リフトと切開のフェイスリフトとでは考え方が全くことなります。人間の顔の組織の量は有限です。そしてエイジングとともに徐々に組織量が失われてゆきます。糸リフトでは顔の組織を元に位置に引き上げを行い定着させ。またコラーゲン生成により組織量をプラスに働きかけるよう作用します。切開のフェイスリフトは減少したお顔のボリュームの一部を切り捨て残りの組織を縫い合わせることで引き上げを行います。切開のフェイスリフトは最終的にはお顔の組織が薄くなりたるみは見かけ上少なくなりますが、一度失われた皮膚や組織は元に戻りません。引き延ばされた皮膚や組織はどうしても薄くなってしまいます。トータルで見たときの若々しい顔立ちやみずみずしい肌質は糸リフトによるメンテンナンスに基づいたエイジングケアが優れているのではないかと近年言われております。
また切開のフェイスリフト後の患者様も多く当院では糸リフトの施術させて頂いております。最終的には顔のたるみに関しては
パターン①:切開リフト→糸リフト
パターン②:糸リフト→糸リフト
という施術サイクルに帰結するためどちらの施術を選択されてもゴールは同じと考えられます。それであれば精神的、身体的にもまた経済的にも持続可能な糸リフトによるたるみ治療を選択することが合理的と当院では考えております。
NBリフトとNBリフトソフトの違いは何ですか? 素材は同じものになりますがNBリフトソフトはNBリフトより糸の太さが半分のものになります。糸リフト経験者のメンテナンスや現在のたるみを自然な印象でお手入れされたい方にお勧めの施術となります。
NBリフト効果はどのくらい持続しますか? 糸は2年で吸収される新素材のものとなります。しかし施術により見た目年齢が3~4歳若返ったところから再び加齢が始まります。初回は8本前後、2回目以降は1~2年に、4-6本ずつ挿入していくのがおすすめです。
痛みに強くないのが心配なのですが、大丈夫でしょうか? 「NBリフト®」は糸を用いるため、通常のメスを用いて切るフェイスリフトに比べると、施術の際の皮膚組織への負担は格段に少なくなりますのでご安心ください。
施術の痛みに関しましても、麻酔を効果的に併用することによって、個人差はありますがほとんど痛みを感じない程度にまで抑えることが可能です。(※麻酔は別料金となりますので、ご希望の際はお申し付けください)
糸を入れるということは、ずっと身体の中にその糸があるということですか?   「NBリフト®」で使用する糸は身体の中に吸収されていく安心・安全な糸を使用しています。世界各国の厚生省庁から認可を受けた非常に安全な糸ですのでご安心ください。
また、糸が身体の中に吸収されていくからといって効果がなくなるわけではなく、吸収されていく過程で挿入されていた部分のコラーゲン生成を、皮膚修復のきっかけとなる
成長因子の増進によってサポートするため、糸がなくなってからも一定の効果を保つ力があります。なお、挿入した糸が身体の中で吸収される時間のめどは1年半程度と言われています。お肌のコラーゲン生成を助ける成長因子が発生するピークは施術後1ヶ月程度で、そこから徐々にお肌そのものの再生も促進されていきます。
周りの人に美容整形を気づかれたくないです。施術の跡は残るのでしょうか?  「NBリフト®」で使用する糸は、一定の期間で溶けて消えてなくなるうえ、お顔の口角やアゴの下など、正面から見てもわかりにくい部分から的確に挿入して皮膚の内側からリフトアップを行うため、傷跡はほとんど目立ちません。ダウンタイムに関しても、メスを用いて切るフェイスリフトに比べて腫れも格段に少なく、抜糸を行う必要もありませんので非常に短期間での回復が見込めます。糸を挿入した部位の小さな針穴が数日間ほど残りますが、メイクで手軽に隠すことが可能です。少々の腫れや痛みなどに関しても、個人差はありますがほぼ1週間かからずに落ち着いていきます。
ハイフの照射と糸リフトのタイミングはどうなっていますか? ハイフ→糸リフト。最短同日施術可。糸リフト→ハイフの場合は糸が馴染むまでの期間を考慮し1か月くらい開ける事を推奨しております。
糸リフトの後いつハイフをするのが最適ですか? 一例として糸リフトと糸リフトのインターバルのちょうど真ん中にハイフを持ってくるようにする事でタイトニングとリフトアップの効果をバランスよく実感する事が出来ると考えられます。糸リフトが1年毎に受ける方の場合はハイフは糸リフトの6か月後がおすすめという考え方になります。

存在する糸リフトの種類一覧と詳細

テスリフト PDOの細い繊維が網目状の3Dメッシュとバーブ(フック)が一緒になった作りの糸、結構太いが引っ掛かりが弱く引き上げ力を出しにくい。
N-COGスパイラル トゲ状の突起をコグが360度螺旋状についた糸です。スプリングスレッドと同じくトゲがついている糸ですが、トゲがジグザグについているため、皮下組織をしっかり引き上げることができます。また溶ける糸なので、シルエットリフトと同じく肌のリフトアップ効果が見込めます。
スプリングスレッド 伸縮性・柔軟性が高く、皮下組織の動きに合わせて伸び縮みします。このため、自然な仕上がりが期待できます。また、糸に付いているトゲの先端が丸いので、組織に与えるダメージを最小限に抑えながら、たるみを引き上げられます。周辺組織への負担を大幅に軽減した糸ですが、現状は溶けないタイプのものしかないため、引きつった場合などの修正が困難です(よってトラブルが増えています)。
シルエットリフト シルエットリフトとは、バイオコーンと呼ばれる小さな円柱状の吸収性コーンと、ノットと呼ばれる結び目が特徴の糸です。糸が溶ける前にバイオコーンやノットの周辺にコラーゲン繊維が新生される仕組みとなっています。
アプトス(フェザーリフト) 両端から中央に向かって毛羽立ちがあるため、フェザーリフトとも呼ばれる糸です。糸の両端から中央に向けて組織が引っ張られる形になるので、立体感のあるフェイスラインを作るのに適しています。スレッドリフトの先駆け的な存在であり、安全性が高く評価されています。
ミントリフト ミントリフトの糸は、PLA生体分解性ポリマーやPDOポリジオキサンなどの体内で溶ける素材でできており、双方向に伸びるトゲが糸全体に施されているため、強い力での引き上げ効果が期待できます
金の糸 純度の高い純金の糸です。体内に埋め込むと、周辺組織は純金を異物として認識し、血行やコラーゲンの生成が促進されます。この肌の活性作用を利用して、たるみ改善を狙う施術です。ただし、体質によってはアレルギー反応(拒否反応)を起こすことがあります。なお、MRI検査に影響があるため、現在は使われていません。
 

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.