タレ目形成(下瞼開大術)

グラマラスライン形成術(タレ目形成術)の画像

タレ目形成とは

タレ目形成術とはグラマラスライン形成や下眼瞼下制術とも呼ばれ、目元の目尻側を下げる施術です。優しい印象、可愛らしい印象、柔らかい印象となるため需要があります。タレ目形成術は非切開法と切開法があります。当院では戻りやすさを考慮し切開法でオススメしております。

  • 皮膚切開法
  • 皮膚切開+皮膚切除

というように手術は大きく分けて2パターンあります。

タレ目形成の効果

①目が大きく見える。

タレ目になることによって白目の見える部分が広くなり、目が大きく見えます。
 

②可愛い印象になる。

優しい印象、可愛らしい印象、柔らかい印象、甘え上手な印象で魅力的になります。

当院が選ばれる5つの理由

①美しい自然な仕上がり
豊富な経験と繊細な美的感覚でより自然で滑らかな美しい仕上がりを実現します。

②圧倒的な症例数
院長の米澤医師は品川美容外科の横浜院院長を歴任した実績があり、グラマラスライン形成術(タレ目形成術)に関して圧倒的な症例数があります。

③痛みに配慮した施術
繊細なタッチ、笑気麻酔、極細針、麻酔液の調整を行い痛みを最小限に致します。

④万全のアフターフォロー
デザイン、施術、アフターフォローまで一貫して米澤院長が診察を行います。


⑤高いプライバシー空間
当院は診察から会計まですべて完全個室でのご案内となります。

グラマラスライン形成術(タレ目形成術)の詳細情報

施術時間 30〜60分
ダウンタイム 1週間程度
洗顔 2日後から可能
メイク 抜糸の翌日から可能
コンタクト 抜糸の日から可能
シャワー 目元をできるだけ濡らさないように
入浴 3日後から可能
抜糸 5〜7日後
リスク 腫れ・内出血・左右差・感染・傷跡

料金について

スタンダード 248,000円
ナチュラル 348,000円
オーダーメイド 448,000円
  • スタンダード法はオーソドックスな方法です。
  • ナチュラル方はより大きな変化をご希望される方におすすめです。
  • オーダーメイド法は後戻りしにくくより大きなタレ目の変化を出すことが可能です。

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.