リベルサス(唯一の経口治療薬)

サクセンダのような内臓脂肪を減らすための食欲抑制によるラクやせ外来は、は注射製剤のみでしかありませんでしたが、この度経口タイプの薬剤が発売されました。リベルサスは、2019年9月にアメリカのFDA(日本の厚生労働省)が承認されております。

Effect

リベルサスには下記のような効果・特徴があります。

  • ストレスなく食事制限ができる
  • 経口薬で簡単に治療ができる
  • 太りにくい体質へと改善できる

    リベルサスは、人間の身体で生成される消化管ホルモンを応用した薬を使用する治療方法です。服用により、血糖値を下げるインスリンの働きを促進できるほか、胃腸の動きも調整できます。この効果によって、食欲自体を抑制できたり、少量でも満腹感を感じることが可能です。

    また、血糖値を下げる働きがあることから、糖尿病の治療薬としても用いられています。さらにリベルサスの最大の特徴して、経口投与できることがあげられます。つまり、注射をせずとも口から飲むだけでよいということです。

    従来の注射治療であるオゼンピックと同様のセマグルチドという成分が使われていますが、この成分は胃酸や消化酵素によって分解されてしまいます。そこで吸収促進剤を配合することにより経口での効果発揮を実現しました。経口投与できる食欲抑制剤としてはリベルサスが世界初です。

    現在、Nビューティークリニックでは食欲抑制効果のある治療法として他にもサクセンダやオゼンピックがありますが、リベルサスは経口投与できるという点において注射が苦手な方にもおすすめできる治療法となっています。
 
Effect

リベルサス用量別に3タイプ

効き方に合わせて3段階の容量があります。プラセボやサクセンダを受けた人よりリベルサス錠(14mg)を受けた人は5%以上の体重減少が大多数に認められています。 日本では、GLP-1受容体作動薬は糖尿病の治療薬として認められているお薬です。ダイエットに用いる事は適応外となります。当院では医師個人輸入により2種類のGLP-1受容体作動薬を提供しています。

Price List

料金表

リベルサス
3mg(30錠)  14,900円(税込)
7mg(30錠)  24,800円(税込)
14mg(30錠)  39,700円(税込)
※飲む前は空腹状態で6時間以上経過してから。リベルサス服用後は最低でも30分空けてから固形物の食事をとって下さい。

来院不要/オンライン処方の手順

online

①初診の方はまず【ウェブ問診】のご記入をお願い致します。※当院に通われている患者様は不要です。
②フルネーム・生年月日・ご希望の種類・本数を【LINE@】(タップで友達追加をした後)にご記入ください。
③クリニックよりLINE@上でクレジット決済リンクを送りします。
④決済完了後、最短日で発送致します。
※常温での製剤の劣化は確認されておりません。当院では「常温」での発送となります。神経質な方はご購入をお控え下さい。到着後は冷蔵庫にて保管してください。
※LINE@でご注文の際下記をコピー&ペーストして頂くと便利です。
リベルサス3.0mg×30錠(1か月分)
リベルサス7.0mg×30錠(1か月分)
リベルサス×1.4mg×30錠(1か月分)

副作用 使いはじめは悪心・嘔気・嘔吐などの消化器症状が起こることがありますが、多くの場合、数日から数週間で自然となくなります。※症状が辛い場合や長く続く場合はご相談下さい。

・悪心 / 嘔気 / 嘔吐 
・食欲不振
・倦怠感
次の方はご使用できません 1. 糖尿病の方 ※糖尿病専門の病院へご相談ください。
2. 膵炎の既往のある方
3. 腎機能障害のある方
4. 子ども・妊娠中の方・授乳中の方
リベルサスの有効な飲み方 飲む前は空腹状態で6時間以上経過してから。リベルサス服用後は最低でも30分空けてから固形物の食事をとって下さい。
当院では、リベルサス(novonordisk社デンマーク製)を海外から輸入しております(輸入形態は医師の個人輸入という形になります。)。リベルサスはFDAやEU諸国では肥満治療薬として承認されており安全性が認められておりますが、国内では肥満治療薬としての効能・効果への承認が下りてない旨ご留意の上、ご使用いただきますようお願いいたします。

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.