小鼻縮小切開法

小鼻縮小切開法とは

・小鼻縮小術は小鼻の皮膚・皮下組織を切りとって縫合し、切りとった分小鼻が小さくなります。
・当院では外側法もしくは内側法で手術を行います。

こんな方におすすめ

小鼻の広がりをしっかり狭くしたい方 半永久的な変化を希望されている方
鼻の穴の大きさを小さくしたい方 鼻のバランスを整えたい方

小鼻縮小外側法

小鼻縮小術外側法は小鼻の外側(鼻翼外側)から小鼻の付け根(鼻翼内側)のところまで皮膚・皮下組織を切りとることができます。
そのため、小鼻のせりだしを軽減し小鼻を小さくすることが可能です。
 

●メリット

小鼻縮小術外側法のメリットは小鼻のせり出しを軽減できる点です。
しっかりと変化させることが可能ですが、鼻の穴の大きさはそれほど変わりません。
 

●デメリット

傷跡が目立ってしまうことがあります。
これはどんなに美容外科医が綺麗に縫合しようとしたとしても付きまとうリスクです。
そのため、当院では通常頬と小鼻の境界のところから1mmだけ上に、切開線がくるように切開します。
そうすることで傷が醜状瘢痕として残る確率を減らすことが可能です。
逆に言えば頬と小鼻の境界上に切開してしまうと、醜状瘢痕として残る確率が若干上がります。

小鼻縮小内側法

小鼻の付け根(鼻翼内側)から鼻腔底のところまで皮膚・皮下組織を切りとります。そのため、小鼻を小さくすることが可能です。小鼻縮小術においては内側法が最も一般的な術式と言えます。
 

●メリット

傷跡が目立ちません。
また、内側法の方が外側法と比べると小鼻(鼻翼)の横幅を小さくする効果が高いです。つまり鼻の穴の大きさが小さくなるということです。
 

●デメリット

小鼻(鼻翼)の横幅を小さくすることができますが、小鼻のせりだしを大きく改善することはできません。

小鼻縮小切開法の詳細情報

施術時間 約60分
抜糸 5-7日後に抜糸があります。
施術後の通院 基本的に抜糸の際の1回の通院のみ。
ハレ 3-4日程度 ※個人差があります
痛み 数日間軽い痛みはあります
内出血 1〜2週間程度
(メイクでカバーできる程度です) ※個人差があります
傷跡 約1か月は赤みがあります ※個人差があります
麻酔 笑気麻酔、局所麻酔を使用します
メイク/洗顔/入浴/洗髪 翌日から可能です。施術部位のメイクは抜糸後から。
(ポイントメイクは当日から可能です。1週間はお顔を強くこすったりしないようにお気をつけください)
シャワー  当日から可能です(お顔を濡らさないように)
激しいスポーツ 2週間程お控えください
お顔への強いマッサージ 2週間程お控えください
その他 施術直前の食事はお控えください

小鼻縮小切開法の料金

スタンダード 248,000円
ナチュラルロング 348,000円
スーパーロング 44,8000円
  • ※スタンダードは小鼻の開きが軽度の方に適した術式です。
  • ※ナチュラルロングは小鼻の開きと皮膚の厚みが中等度の方に適した術式です。
  • ※スーパーロングは小鼻の開きが大きく皮膚の分厚い方に適した術式です。

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.