[先頭]  <<    2   3   [4]   5   6   >>   [最後]
2022年10月17日(月)

薄毛の治療法

こんにちは。NBCスタッフです☆

今日は薄毛治療についてご案内します。

薄毛治療はクリニックでする治療法とご自宅で行う治療法があります。

まずはクリニックで行う治療法についてご説明します。

①育毛美髪点滴

点滴で毛髪に必要な栄養を直接血管内に送り届けることで、体の中から育毛を促進します。
育毛美髪点滴にはビオチン(ビタミンB7、ビタミンH)、ビタメジン(ビタミンB1、ビタミンB12)、ビタミンC、パントテン酸が配合されています。

 ビタミンB7
脂肪酸合成・アミノ酸代謝・糖新生に関わる水溶性のビタミンです、皮膚や神経を健康に保つ働きが有ります。

ビタミンH 
髪や爪をつくるケラチンというタンパク質の合成に欠かせない水溶性のビタミンで、不足すると脱毛、毛髪の痩せや白髪といった問題が起こりやすくなります。

 ビタミンB1
精神的なストレスや疲労は皮脂の過剰な分泌を促し、頭皮環境を悪化させますが、ビタミンB1の疲労回復効果で頭皮環境を守ることが期待できます。

 ビタミンB12
酵素の働きを助け、アミノ酸や核酸・葉酸の代謝に関わっています。また、脳神経や血液細胞など、体内組織の機能を正常に維持するために必要な栄養素です。本来の髪の色を維持する効果が期待できます。

 ビタミンC
コラーゲンの生成を促す作用があります。コラーゲンは頭皮や髪の細胞を強く結びつけ、健康な髪を育てます。またアスコルビン酸は過剰な皮脂生成を抑える働きもあるとされています。
パントテン酸
糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギー産生に関わる酵素の働きを補助しています。また、コレステロール、ホルモン、免疫抗体の合成にも関係し、皮膚や粘膜の健康を助ける働きがあります。


これらの成分は頭皮の活性化を助け脱毛を予防し、生えてくる髪の毛を丈夫にする効果があります。
定期的に点滴を行うことで育毛に必要な栄養素を確実に摂取できて育毛剤の効果が高まることも期待できます。

点滴による副作用は特にありません


②PRP血小板療法

PRP 療法では、ご自身の血液から作成した高濃度の血小板を含む血漿を頭皮に注入します。
頭皮細胞の再生、毛根周囲の毛細血管の新生、毛包幹細胞の分化の促進、毛周期の成長期延長による育毛促進が期待されます。
血小板にはさまざまな成長因子(サイトカイン)が含まれています。成長因子の細胞増殖や組織活性化作用により、毛包幹細胞の分化の促進、毛周期の成長期の延長が期待されます。
また、毛根周囲の血管新生を刺激し育毛を促進する事も期待できます。
皮膚組織そのものを再生するため、男女を問わず効果が期待できます。


次にご自宅でのケアについてご説明します。

①外用薬 ロゲイン2%

有効成分のミノキシジルが頭皮の血行を促進し、毛根に刺激を与えて発毛・育毛を促すことが期待できます。
アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)に承認された女性専用の育毛剤です。
頭皮に直接つけるので、髪が薄い部分も集中的にケアできます。3ヵ月~半年間の継続で、薄毛改善効果が期待できます。

副作用として頭皮のかぶれやかゆみが生じる場合があります。ごく稀に、むくみやしびれ・ホテリなどの症状が現れる方がいらっしゃいます。
また使用を始めて2~3週間ほどで抜け毛が増える事があります。これは毛母細胞の活性化で休止期の髪が自然に抜けたものと考えられています。
後に太い髪の毛が生えてきます。
 

②内服 パントガール

パントガールは、世界で初めて効果と安全性が認められた薄毛治療薬(医薬品)です。女性特有の薄毛を改善し、発毛を促す効果が期待できます。
パントテン酸カルシウム、ケラチン・L-シスチン、ビタミンB1などの栄養素を含み、頭皮に栄養を行き渡らせて頭皮環境を整え、薄毛を改善していきます。
パントガールは臨床試験なども行われており、女性の薄毛に多く見られる髪全体が薄くなるびまん性脱毛に有効とされています。
副作用は特に報告されていませんが、未成年や妊娠中の女性、授乳中の女性は服用できません。

症状や進行にあわせた最適なプランをご提案いたしますので是非ご相談ください。


皆様のご来院をスタッフ一同、心よりお待ちしております!



N Beauty Clinic 銀座

2022/10/17 13:54 | 未分類 | コメント(0)

[先頭]  <<    2   3   [4]   5   6   >>   [最後]

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.