2020年03月20日(金)

糸リフトとハイフ治療の使い分け('ω')

こんにちは!
NBCスタッフです(*'ω'*)

今回は糸リフトとハイフ治療の効果的な活用方法についてお話させていただきます☆

たるみ治療でどれを受けたら良いか迷っている方の参考になれば嬉しいです(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾


まずはハイフ治療についてです('ω')
美容クリニックで行われるハイフ治療とは、高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound)という
特殊な超音波によって、狙った部位だけに熱エネルギーを届けるマシンを使った治療となります!
肌の表面は傷つけずに、ゆるんだ筋膜(SMAS)と脂肪層をメインに熱エネルギーを当てて、
凝固作用によって引き締めます(`・ω・´)!!
脂肪層の引き締め効果は治療直後に、筋膜の引き締め効果は約1ヵ月後に、二段階で効果の実感が得られます(*'▽')
また温熱効果によって誘導されたヒートショックプロテインと呼ばれるタンパク質が出て、
組織を活性化されることも期待できます♬
マシンのハンドピースを顔に当てるだけの手軽な処置で、個人差はありますがダウンタイムがほとんどなく、
治療後でも通常通りお仕事や生活を送れるので負担が少ないのも、人気のひとつとなっています(*´ω`*)♡


続いて糸リフトについてです('ω')
糸リフトは皮下内に、コグ(トゲトゲした突起)がたくさんついた医療用の糸を挿入し、
引き上げることでたるみを解消する治療です☆
詳しくは次の記事の【糸リフトのメリットとデメリットは?】をご覧下さいませ(*‘ω‘ *)


まとめるとハイフ治療は熱凝固によってタイトニング(引き締め)を行うのに対し、
糸リフトはコグと呼ばれる返しのついた糸などで物理的に顔の組織を引き上げる治療となります(*^-^*)!!


お顔の引き上げ、輪郭補正、すぐにリフトアップ効果を実感されたい方には糸リフトをお勧めします('ω')
お顔の引き締めや手軽にたるみ治療を受けたい方にはハイフ治療をお勧めします(*‘ω‘ *)
また糸リフト後のメンテナンスとして数か月おきにハイフ治療をお受けいただくことを推奨しております⁂


熟練された看護師が行うハイフ治療も
米澤院長の磨き抜かれた技が光る糸リフトも
どちらも受けていただいて大満足間違いなしの施術です(`・ω・´)★


補足ですが、、、
ハイフ治療後に効果を維持するメンテナンスとしてエステなどで
顔のマッサージを受けられる方がいらっしゃいますが、
あまり強いマッサージは逆に靭帯を伸ばして組織を断裂する可能性があるためNGです!!
よりたるみが酷くなることがありますので気をつけましょう(´・_・`)


皆様のお問い合わせをお待ちしております(*´з`)!!

2020/03/20 10:41 | リフトアップ | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント
画像認証
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.