[1]   2   >>   
2020年05月29日(金)

ピコトーニングで美肌を手に入れ維持しましょう(*'ω'*)


こんにちは!
今回は当院のピコトーニングについてお話ししていきます(*^^*)

ピコトーニングは、ピコレーザーという新しいタイプのレーザーを使用する顔全体のホワイトニングです(*'ω'*)
ピコ秒という短いパルス幅で低出力のレーザーを均一に照射することでメラニン色素を除去して、
シミ・そばかす・肝斑への効果が期待できる治療法です★
低出力でレーザーを照射するので、余計な刺激を与えずにメラニンの排出を促すことができます!
そのため肌にやさしく、よりスピーディ且つ安全な治療が期待できるのです♬
また、肝斑の他にも毛穴の開きやくすみにも効果的で、肌に張りを出しキメを整える効果が期待できます☆彡

またシミにはさまざまな種類があり、それぞれの原因や現れ方が異なります。代表的な種類を見てみましょう(*‘ω‘ *)
 
【老人性色素斑】
一般的に「シミ」と呼ばれるのが老人性色素斑です。主な原因は紫外線の浴びすぎによる老化現象と考えられており、
中年以降に増えることが多くあります。
淡褐色〜濃褐色で、ハッキリとシミの境目のわかる平らな色素斑ができるのが特徴です。
 
【そばかす】
そばかすは、直径数ミリ以下の小さな斑点が頬や鼻周りに多くできるのが特徴で、雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれています。
主な原因は遺伝と考えられており、3歳頃からでき始めて思春期頃に目立つようになります。
20代後半あたりから薄くなっていくことが多いですが、紫外線の影響で濃くなる場合もあるので、
生まれつきそばかすが多い方は、毎日しっかり紫外線対策を行うようにしましょう!
 
【肝斑】
肝斑は、もやもやとした薄茶色のシミが、頬骨あたりに左右対称にできるのが特徴です。
主な原因は女性ホルモンの乱れと考えられており、女性ホルモンが乱れがちな30〜40代の女性に多く見られます。
また摩擦やストレス、紫外線の影響によって濃くなることもあります。
 
【ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)】
ADMは、真皮内にメラノサイト(メラニンを作る細胞)が増える疾患で、多くは成人以降に頬や額の両側に現れます。
そばかすより少し大きい、グレーから青みがかった褐色の斑点が両頬に現れる特徴があります。

当院では照射前にドクターがしっかりお肌を見させていただき
適切な照射値を判断させていただきますのでご安心くださいませ(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

照射時にパチパチと弾かれるような痛みはありますが、従来のレーザーに比べてかなり痛みが少ないのが特徴です!
(※痛みの感じ方には個人差があります。)

 肌の状態によって異なりますが、繰り返し施術する場合は1〜2週間ごとに治療を行います。
効果には個人差がありますが、ピコレーザートーニングは1クール10回程度を目安に施術し、
その後は1ヶ月に1度のメンテナンス治療をすると効果を維持しやすいので
定期的に治療を受けていただくことをお勧めします(*'▽')☆

また施術後にはメイクが可能です。
これからの季節、UVケアはより一層しっかり行うようにしてください!!

当院ではお得なコースもご準備しておりますので是非ご検討くださいませ(*^^*)

ピコレーザーページのチェック→https://nbcginza.com/list/picolaser.html

N Beauty Clinic 銀座
 

2020/05/29 10:00 | 未分類 | コメント(0)

2020年05月25日(月)

NBリフト(糸リフト)8本、40代女性

糸リフトで顔のフェイスリフトをする場合は、フェイスラインのもたつきが気になりますが同じくらいもしくはそれ以上に中顔面を引き上げる事も大切になってきます。当院では従来のフェイスラインを引き上げる挿入法に加え、中顔面もリフトアップする特殊な繊維の注入法を実践しております。詳しい症例等は是非インスタグラムでご覧下さい。

N BEAITY CLINIC GINZA
院長 米澤 昂

【インスタグラム症例】https://www.instagram.com/dryonezawa/
【YOUTUBE】https://www.youtube.com/channel/UCxhCB7QwBAXkObEZnAXl7WQ

2020/05/25 10:52 | リフトアップ | コメント(0)

2020年05月22日(金)

切らない瞼のたるみとり治療 について

「切らない瞼のたるみとり治療」


こんにちは。

NBC銀座スタッフです!

まぶたの皮膚が緩んでくると、中央より外側のまぶたが被さり、
目じりが下がって見えてしまい、いわゆる「たれ目」の状態になります。
緩んだ皮膚を調整し、若々しくぱっちりとした目元を形成します。
当院では、メスを使用しない埋没法と、余分な皮膚を取り除く切開法で実現します。


今回は、メスを使用しない「切らない瞼のたるみとり治療」をご紹介します。

まぶたたるみ取り法の特長とは?
◆埋没法
切らずに上まぶたのタルミを改善
タルミを切開するクリニックが多い中、当クリニックの埋没法は、
切らずにたるんだ皮膚を持ち上げます。体への負担が少なく、費用も抑えられます。


◆メリット
・埋没法なので傷痕が小さな針穴ですむ
・気に入らない場合には糸を外すことによって元に戻すことができる
・皮膚を切開するほどの腫れはでない
・抜糸が不要


◆デメリット
・余った皮膚を切り取るわけではないので効果に限界がある
・まぶたが厚い人は皮膚の折れ返りによりさらに厚くなる
・なじんでくるとたるみがまた出てきたように見えることがある


【当院のメニュー3種類】

・二重埋没法(NBC二重術)
・二重埋没法(1dayNライン二重術)
・二重埋没法(Nエターナルビューティー二重術)

※保障期間や詳細はHPのメニュページに掲載しております。

ーー

一重の方でも、あるいはどんなに二重がきれいな方でも上まぶたの皮膚は老化し、
早い人は20代後半から少しずつ皮膚はたるんできます。

二重の老化が最初に現れるのは二重の外側(目尻寄り)が下がって被さり、
徐々に二重の中央部も下がってきます。

二重というのは、中央から外側が下がって狭くなってくると、
老けた印象を与えてしまいます。

逆を言えば軽度の二重の被りであれば、
中央~外側を埋没法、あるいは皮膚を切開して若い印象を取り戻すことが出来ます。

中高年になってかなり皮膚が垂れてきた場合、
視野も確保され、再び若い時の二重のようになります。

上まぶたの皮膚が下垂してくること以外に
挙筋(上まぶたを開ける筋肉)が
加齢等によって弱まり、目の開きも悪くしていることもあります。
その場合は、二重と同時に挙筋短縮(上まぶたの開きをよくする)手術を
同時に行うと目力もつけることができます!

※今回ご紹介した、「埋没法」は、
症状としてはたるみが重度でないこと、まぶたの厚みが強くない場合には適応となることが多いです。
まずはカウンセリングにてご相談ください!

切開でメスを入れることに抵抗がある方や、
少ないダウンタイムでまぶたのたるみ治療したい方は
埋没法での「切らない瞼のたるみとり治療」 をぜひご検討ください!

お気軽にカウンセリングのお問い合わせお待ちしてます!

N Beauty Clinic GINZA 石村



 

続きを読む...

2020/05/22 10:52 | オペ | コメント(0)

2020年05月15日(金)

眉下切開リフトについて☆

こんにちは!

上記の写真の方は
上から術前、抜糸後、術後1ヶ月の経過となります♪

術前に比べ術後は瞼の重たさが解消され
黒目や本来の二重の幅がくっきりと現れ
大きく印象的なお目元に変わりましたね(*^^*)♪

こちらのモニター様が受けた施術
「眉下切開リフト」
について今回はお話ししようと思います!(^^)!


年齢とともに瞼の皮膚が厚くなり目元が重く感じる…
二重の幅が狭くなった…
目が以前より小さく見える…

このようなお悩みを抱えている方には
眉下切開リフトがおすすめです(^_-)-☆

眉下切開リフトとは
眉毛の下の余分な皮膚を切開し
取り除くことで瞼の開閉をスムーズにし
目元の重たさを解消することの出来る手術です♪

当院では傷跡が目立ちにくい仕上がりを目指し、
”毛包斜切断法”を用いて施術を行っています!!

毛包斜切断法とは…
眉毛部分を斜めに切開する方法で
毛根を傷めず傷跡に発毛を促すことが可能な為、
傷跡を目立ちにくくすることが出来ます!


上記写真のモニター様も
抜糸時にはまだ切開ラインに赤みがありますが
1カ月後にはとても目立ちにくくなっていますね!!

通常、切開ラインは1ヶ月程度は赤みがありますが
2~3ヶ月かけて細く白い線となり
より目立ちにくくなっていきます(#^^#)

切開すると傷跡が心配…
という方も多いかと思いますが、
抜糸後(5~7日後)より傷跡の状態によっては
お化粧することも可能ですので
ある程度カバーしていくことができますよ☆


目元はお顔の印象を左右する大切なパーツのひとつです!

当院は個々の患者様のお目元や眉の形に合わせて
オーダーメイドのデザインで
ご施術していきます(^_-)-☆

お悩みの方は
是非一度カウンセリングにお越しください♪


N Beauty Clinic 銀座

2020/05/15 10:05 | オペ | コメント(0)

2020年05月11日(月)

NBリフト8本、30代女性

糸リフトの症例写真糸リフトの症例写真
症例は糸リフト(NBリフト)8本、30代女性の方です。片側につき4本(フェイスライン2本+コメカミ2本)、両側計8本。挿入を行っています。この症例の方のようにホホ骨が華奢で肌質の柔らかい方はホホ下部のマリオネットライン付近はたるみが目立ちやすい傾向にあります。たるみが進んでしまう前に早めの予防が美しく若々しい顔立ちを維持する秘訣です。

美容外科医の意見として、今後ゴルゴラインにフィラーを併用することでよりリフトアップ感のある卵型の印象顔立ちを作る事が出来ると考えます。

Nビューティークリニック院長 米澤 昂

2020/05/11 12:36 | リフトアップ | コメント(0)

[1]   2   >>   

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.