2021年09月17日(金)

糸リフト・切開リフトについて(^^)/☆

こんにちは!
NBCスタッフです(^^)/
 
今回は糸リフトと切開リフトの違いや
「糸リフトと切開リフトってどちらがいいの?」というご質問にお答えしていきます☆
 
まず切開リフトとは…
頭髪内や耳の周りにメスを入れて皮膚を切除し、たるみやしわのお悩みを改善する治療です。
お顔のボリュームのある箇所を一部切り捨て、残りの組織を縫い合わせることで引き上げを行います。
たるみは見かけ上少なくなりますが、一度失われた皮膚や組織は元に戻りません
また引き延ばされた皮膚や組織はどうしても薄くなってしまいます
 
つぎに糸リフトとは…
糸を挿入しお顔のたるみをリフトアップする治療です。
糸には「コグ」というトゲのようなものがついており、皮下組織にひっかかることで、お顔をリフトアップします。
お顔の組織を元の位置に引き上げ、定着させることが可能です。
またコラーゲン生成により組織量をプラスに働きかけるよう作用します
 
切開リフト、糸リフトどちらもリフトアップの施術としてはとても有効ですが、
有限である組織を失ってしまう切開リフトと組織量がプラスになるよう作用する糸リフトでは
トータルで見たときの若々しい顔立ちやみずみずしい肌質は
糸リフトによるメンテンナンスに基づいたエイジングケアが優れているのではないかと近年言われております!


また当院では、切開リフト後の患者様への糸リフトのご施術も多く行っております。

最終的にお顔のたるみに関しては
パターン①:切開リフト→糸リフト
パターン②:糸リフト→糸リフト
という施術サイクルに帰結するためどちらの施術を選択されてもゴールは同じと考えられます。

それであれば精神的、身体的にもまた経済的にも持続可能な
糸リフトによるたるみ治療
選択することが合理的と当院では考えております。
 
当院は糸リフトの施術を多数行っております!(^^)!
HPやInstagram、Youtubeへ症例も載せておりますので
上記症例のように施術直後より腫れ・内出血の少ない当院のNBリフトを是非ご覧ください♪


N Beauty Clinic銀座

 

2021/09/17 11:22 | 糸リフト | コメント(0)

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.