2021年04月23日(金)

大人気のゼオスキン★基礎のGSRのご紹介(^_-)-☆

こんにちは(^^)
NBCスタッフです★

本日は当院でも大人気のゼオスキンについてご紹介します♪

ゼオスキンは一人一人のお悩みやお肌の状態に合わせ、最適な商品をカスタマイズしていく製品です。
ドクター指導の下、スキンケアプログラムを効果的に組み合わせ
美しく健やかな肌を目指しましょう(*'ω'*)

ゼオスキンは商品のアイテム数も多いのでややこしいですが
本日は基本の商品の 【GSR】についてご紹介します(*^^*)

”GSR”とは「Getting Skin Ready」の略で、
お肌の状態を様々なコースに耐えられるように肌の土台を整えておくための
「洗顔+角質ケア+化粧水」です。
 
♦洗顔♦
〇ハイドレーティングクレンザー(普通肌~乾燥肌向け)
パンテノール、アラントレンが滑らかな肌に導きます。しっとりタイプ。

〇ジェントルクレンザー(オールスキンタイプ向け)
植物エキスブレンドにより抗酸化・抗炎症をサポートします。
お肌の水分をキープし、毛穴の汚れ・余分な皮脂を取り除きます。すっきりとした使用感です。

〇エクスフォリエーティングクレンザー(普通~脂性肌向け)
サリチル酸が角質除去を促し、ホホバエステルが滑らかな肌に導きます。
カプセル化したビタミンEが抗酸化をサポートします。

ゼオスキンの洗顔料は、乾燥肌用、オールスキン用、脂性肌用の3種類の洗顔料があります。
どの製品も200ml・約2ヶ月使用です。

使用方法は、手のひらと顔を濡らし500円玉大を手に取りしっかり両手または泡立てネットで泡立ててから、
40-60秒優しく顔を洗い、ぬるま湯で洗い流します。
軽いメイクも落とせますが、濃いメイクやウォータープルーフのお化粧をされてる方は
ゼオスキンの洗顔とは別にメイク落としを使用してから洗顔してください。

★更に角質や毛穴のざらつきが気になる方には+αで週に2-3回の使用をおすすめする、
ポリッシュを以下でご紹介致します。

♦角質ケア♦
 〇エクスフォリエーティングポリッシュ
さまざまな肌質にあった古い角質や汚れを取り除くスクラブ洗顔料です。
超微粒子マグネシウムクリスタルが、皮脂汚れや角質をスムーズかつ均一に取り除きます。

使用方法は、普通肌や乾燥肌の方は週2-3回、脂質肌の方は毎日使用可能です。
洗顔後濡れた肌に1ℊ(専用スプーン1杯分)を手に取り40-60秒こすらずに優しくなでるようにし洗い流します。
※スクラブは溶けませんのでしっかり洗い流してください。
※肝斑のある方やお肌が敏感な方は使用する際に絶対にこすらないでください。

ゼオスキンの洗顔アイテムは健やかなお肌に向けて、肌循環をサポートし、肌質の改善に導きます。
年齢を重ねるごとにお肌の新陳代謝が遅くなり、さまざまな肌トラブルが起こりやすくなります。
そのため毎日の洗顔でしっかり汚れを落として、トラブルを招かないようにする必要性があります。
洗顔は女性も男性も、美しく健やかなお肌のためにはとても大切なことです(*'▽')

♦化粧水♦
〇バランサートナー
毎日健康で丈夫な肌に近づけるため、不純物を取り除き弱ったお肌のpHバランスを整えしっかり酸性に傾けてくれます。
グリコール酸が含まれており、古くなった角質の除去をしてくれる化粧水です。
次に塗布するクリームの浸透をアップさせます。
またハマメリスの収れん効果で毛穴を引き締めながら、赤みの反応を起こしたお肌を和らげます。
乾燥、敏感、刺激反応を起こした肌を、いきいきとサポートしてくれます('ω')

使用方法は500円玉大を手またはコットンに出し、顔全体に塗布する。
※目に入らないように注意してください。
180ml・約2ヶ月使用です。

臨床試験では、この3アイテムだけでも、肌の皮脂・汚れの軽減や毛穴・質感の改善が認められています。
シミ、たるみ、毛穴の開きなどは約8割が光老化でおきると言われています。
ゼオスキンを始めてご利用になる場合は、このGSRからはじめていただき、
光老化ケアのクリームや日焼け止めもゼオスキンでそろえていただくことをオススメします★
 
ダウンタイムや皮剥けが心配な方でもお使いいただけるマイルドに使用できる商品から、
強い治療プログラムまで、今のお肌の調子や肌質、個々の生活スタイルに合わせてご提案いただきますので、
ご希望の方はカウンセリングにてご相談下さい(*^^*)

ただいま4月キャンペーン中でゼオスキン全品15%オフとなっております!!

WEBストアからのご購入も可能です!!
皆様ぜひご検討くださいませ(*´ω`*)


N Beauty Clinic銀座

 

2021/04/23 11:40 | ゼオスキン | コメント(0)

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.