2021年03月26日(金)

目周りのハイフについて

こんにちは!!
NBCスタッフです。(*^^*)

今回は当院で人気の施術、目の周りのHIFUについてご紹介します。(^^)/

最近、SNSなどにもよく掲載されているのでご存知の方も多いと思いますが
まずはHIFUについてご紹介しますね。

HIFU(ハイフ)とは・・・
「高密度焦点式超音波」「強力焦点式超音波」とも呼ばれ皮膚表面や他の組織に傷を付けずに
高エネルギーの超音波を発生し、体内の一点に集束させます。
レーザーや光(IPL)、高周波(RF)赤外線などでは届きにくかった皮下組織内部にも浸透させることができ、
その点に集束された部分だけが高温になり、65~75°凝固ゾーンが形成されます。
65~75°はコラーゲン生成に適した温度と言われています。
エネルギー照射系の美容治療の中で、これまで外科手術でしかアプローチが出来なかった深層へ 
アプローチできるものは今のところHIFU以外になく、革新的な治療と言えます。

コラーゲン生成だけでなく、HIFUのエネルギーを直接的に用いて収縮させることにより、
皮膚や皮下組織の引き締めも可能です。

表皮だけでなくSMASや脂肪層に対しても非侵襲的(非外科的)に治療が行えるメカニズムから
「フェイスリフト(手術)と同等のリフトアップ効果が得られる」と言われています。

特に、目のギリギリまでシワたるみ改善効果が行き渡るのがこの治療の特徴です。
SMAS層に照射することによって、タンパク質を凝縮し、皮膚表面を傷つけることなくリフトアップに導きます。
また、SMAS層の上に位置している真皮層や皮下組織にもアプローチすることで、コラーゲン生成を促進。
新たなコラーゲンが大量に生成されることでさらなるリフトアップ効果を長期的に実感することが期待できます。


目周りのHIFU治療について・・・

目周りのHIFU治療は、目の下やコメカミのたるみを引き上げる効果が期待できます。
目周りのたるみは、加齢により目の周辺にある眼輪筋(がんりんきん)が衰え、
下まぶたにある眼窩脂肪(がんかしぼう)が突出してしまうのが原因。
目の下がたるむと、頬の中心を斜めに走るゴルゴラインもできてしまいます。
特に目が大きい方や頬骨が出っ張っている方は、目の下のたるみやクマが出やすい傾向にあるそうです。

当院の目周りのHIFUは、より高密度にHIFUを照射するために
眉下もしっかり照射を行っていきます。

直後から効果が分かりやすく、目のまわりにハリが出るのを感じられます。



実際、当院でお受けになられた方からも
「術後に目の重たい感じが取れた」
「目が開きやすくなった」
「目の周りにハリが出た」  
などのお声を頂戴しております。

当院の院長が実際に行っている、院長メソッドも動画にて公開しております✫
https://www.youtube.com/watch?v=-PII7O3i9v4

気になる方は是非一度カウンセリングにお越しください。(*^^*)


皆様のご来院をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

NBeautyClinic銀座

2021/03/26 15:39 | ハイフ | コメント(0)

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.