« 前月 次月 » 2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2020年03月13日(金)

糸リフトのメリットとデメリットは?

こんにちは!
NBCスタッフです♡

近年、よく耳にする「糸リフト」という施術。

みなさんはこの「糸リフト」のメリットデメリットをご存じですか?


【糸によるフェイスリフトのメリットは?】

近ごろ、「リフトアップ効果がある」といわれるスキンケア用品なども世に多く出回り、
たるみやシワをセルフケアすることができます。
しかし、美容医療の力を借りて、糸を使ったリフトアップをすると、どのようなメリットがあるのでしょうか。


1.施術直後よりリフトアップ効果を実感

スキンケア用品を使ったり、マッサージをしたりなどのセルフケアは、リフトアップ効果を実感するまでに時間を要します。
その点、糸リフトは、施術直後からたるみやシワが改善されます!
ダウンタイムも多少必要となりますが、約1週間で落ち着きます。
(※ダウンタイムに個人差はございます。)


2.切開リフトよりも負担が少ない

比較されやすい「メスをいれる切開リフト」と「糸リフト」。
確かに、皮膚を引っ張った状態で縫い合わせ固定する「切開リフト」は長時間、リフトアップ効果を維持できます。
しかしメスを入れることに抵抗があったり、体への負担を可能な限り少なくしたいと考える方にはベストな方法ではありません。

それと比較すると「糸リフト」は、お顔の目立たない部分より溶ける特殊な繊維を注射で挿入し、メスを使用しないため、
ダウンタイムが取れない方も安心して治療をお受けいただけます。


3.料金が比較的安い

糸リフトは、その他のリフトアップの方法より比較的料金が安価であることもメリットとしてあげられます。
糸1本あたり8~9万円で施術できるクリニックが多いですが、
切開リフトですと80~100万円が相場となり高価です。
糸リフトもを入れる糸の本数によってはコストは上がりますが、
いずれにしてもメスを入れる切開リフトよりは低コストに抑えられます。


4.お肌の若返りの実感

フェイスリフト専用の糸によってお肌の気になる部分のリフトアップを行うと共に、
皮下組織を引き締め、糸を挿入していく際に皮膚内側の組織を刺激し、
TGFβ(成長因子)と呼ばれるお肌の修復を増進する成分の発生を助けてコラーゲン生成を活性化させます。
それにより、お肌の内部から皮膚再生を促進することができ、皮膚そのものの弾力がアップしたり、
肌のツヤが出てお肌のハリが良くなったり、シワやたるみが改善されたりといった、総合的な若返りをもたらしてくれます。


【糸によるフェイスリフトのデメリットは?】

どんな施術でも、いいところ・悪いところがあります。
「糸リフト」をお受けいただく前に、デメリットも理解した上で施術をお受けいただくことがベターです!


1.リフトアップ効果の持続期間が短い

メスを入れる「切開リフト」ですと、効果の持続期間が短くても5年、長くて10年といわれております。
一方、糸リフトの場合、早い人だと1年、長くて1年半年くらいでリフトアップの効果が実感がなくなると言われております。
効果を持続させるために、当院では初回の施術から1~2年に、4~6本ずつ追加挿入していくのがおすすめしております。

1回の施術でできるだけ長期間のリフトアップ効果を実感していたいという人には、糸リフトは向かない可能性があります。


2.メスを入れる施術より効果を実感しにくい

メスを入れる施術は弛んでいる皮膚を切って縫合するので、皮膚がマックスで伸びている状態のまま固定することが可能です。

比べて、糸リフトは、弛んだ皮膚を糸によって引っ張り上げる施術となります。
そのため、皮膚のたるみの症状が進行していると、上に引っ張り上げるだけでは切開リフトと比較すると十分な結果を得られない可能性もございます。


【リフトアップにはやはり「糸」がいい?】

リフトアップをしたい場合、様々な治療の種類がありますが、
施術それぞれにメリットデメリットが両方あり、絶対的にこれ!とは言えないものです。
自分が求めている効果、コストパフォーマンス、施術に伴うダウンタイム等
様々な面をみて最適な施術を選ぶことが一番です。


ーーー


【糸リフト施術に向いている人はどんな人?】

・ダウンタイムがなかなか取れない方
・メスを入れること抵抗がある方
・一回の施術の効果の持続が2年程度の効果でも問題ない人
・リフトアップと共に肌の若返りを実感したい方


上記の項目に当てはまる方には、ぜひ「糸リフト」のご施術がおすすめです!

当院で使用している糸は2年ほどで溶けますが、
それによって皮膚が弛むことはありません。


溶けた糸はご自身の結合組織に置き換わるため、
再注入すればするほど、結合組織は強靭なものとなり、弛みにくいお肌となります。


当院では、カウンセリングで患者様一人ひとりに合った「たるみ・シワ治療」をご提案させていただきます。

ぜひ、お気軽にカウンセリングにお越しくださいませ。

院長、スタッフ一同お待ちしております(・ω・)

 

2020/03/13 18:11 | 未分類 | コメント(0)

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.