[1]   2   >>   
2021年04月18日(日)

糸による鼻整形について

こんにちは

今回は4月CPで取り扱っている
「糸による鼻整形」をご紹介します。

〖糸による鼻整形とは〗

ヒアルロン酸注入では難しい
「鼻根部より下の鼻筋」や「鼻先の厚み」、「小鼻の広がり」
を切らずに変化を出すことが出来ます。
また1dayスレッドノーズを組み合わせれば
鼻中隔延長と同等の変化を作る事も可能です。

「ダウンタイムはとれないけれど、自然な仕上がりにしたい」
という方から比較的人気が高い施術となります。



〖糸による鼻整形の3つのバリエーション〗


①切らない鼻中隔延長 1dayスレッドノーズ
②切らない鼻先縮小  1dayクイック鼻先縮小
③切らない小鼻縮小  1dayクイック小鼻縮小

上記3つがございます。


〖こんな方におすすめ〗

◇切開の施術は抵抗がある
◆なるべくダウンタイムを少なくしたい
◇ヒアルロン酸注入以上の変化を出したい
◆鼻根部より下に変化を出したい
◇デザイン性の高い鼻整形をしたい
◆鼻全体に立体感を出したい


とにかく
ヒアルロン酸注入よりは変化が欲しいけれど、
大掛かりな施術は希望しない方にぴったりの施術になります。

また、1つだけの施術ではなく
糸による鼻整形を3つ組み合わせることにより
より理想像に近付けることができますので合わせてのご施術おすすめしております。


気になる方はぜひ
まずはお気軽にカウンセリングへお越しくださいませ。
ご希望ぴったりのご施術をご案内させていただきます。

Nビューティークリニック銀座 スタッフ

2021/04/18 10:50 | オペ | コメント(0)

2021年02月12日(金)

フェイスラインの脂肪吸引について

こんにちは。NBCスタッフです。
今回は フェイスラインの脂肪吸引 についてご紹介しますね。

突然ですが、皆様は人の見た目年齢を判断する時に、どの部分を基準にしていますか?
肌・髪のツヤ・首のしわ・手のしわなど基準は色々あるかと思います。

ある製薬会社が “人は見た目年齢を判断する時にどこを見ているのか“ 調査したところ

1位 ほうれい線・顔下半分のたるみ

2位 目もとのしわ

3位 首もとのしわ
 
  という結果でした。

年齢を判断するときに見るポイントは、たるみからくる顔の形の変化が上位を占めていることがわかりました。 
頬やあごなど、顔はダイエットをしても脂肪を落とすのが難しく、部分的にやせるのが難しいパーツです。
脂肪吸引を行うと、すっきりとした理想的なフェイスラインを短時間で実現することができます。 


・顎のたるみが気になる…
・二重あごを治したい!!
・ダイエットしても顔だけやせない…
・フェイスラインをシャープにしたい!! 
 という方におすすめの施術です。

脂肪吸引により顔がすっきりすると、若々しい印象に早変わりします。


脂肪吸引の施術方法はカニューレという極細の管を使用して余分な脂肪を吸引していきます。
耳の後ろを切開するので、傷跡は目立ちません。  
また、30代以降のご年齢の方には 脂肪吸引+NBリフト(糸リフト) の組み合わせ治療もお勧めです。
脂肪吸引で余分な脂肪を吸引し、皮膚の弛みを引き上げることにより
ぼやけていた輪郭がよりハッキリ、シャープになります。


まずは適応があるか、気になる方はカウンセリングにお越しくださいませ。
皆様のご来院を心よりお待ちしております。

2021/02/12 16:42 | オペ | コメント(0)

2021年01月15日(金)

1dayスレッドノーズについて☆

こんにちは!
NBCスタッフです(^^)/♪

本日は糸による鼻整形「1dayスレッドノーズ」についてご説明致します☆

1dayスレッドノーズとは溶ける糸を使用して鼻筋や鼻の高さを微調整していく施術です!
鼻根部より下の鼻筋といったヒアルロン酸注入では改善が難しいお悩みも切らずに変化を出すことが出来ます☆
その為「切らない鼻中隔延長」とも呼ばれています。
切らずに小さな針穴が1カ所出来るのみなのでダウンタイムも最小限に抑えることが可能です(*^^*)♪
あまりダウンタイムをとれない方、自然な仕上がりにしたい方から人気が高い施術となります!

また1dayスレッドノーズのご施術と併せて
「切らない鼻先縮小」「切らない小鼻縮小」といった糸による鼻整形の組み合わせもおススメです(^_-)-☆
こちらに載せている症例写真も
「1dayスレッドノーズ」「切らない鼻先縮小」「切らない小鼻縮小」
の3つの施術を組み合わせた症例となります!
鼻筋がすっと通っただけでなく、小鼻や鼻先の広がりも整いましたね(#^^#)!

ダウンタイムをあまりとれない方
自然に鼻の印象を変えたい方は
是非一度カウンセリングにお越しください♪
実際にお顔を拝見しながら、個々にあったご施術をご提案させて頂きます(*^^*)


N Beauty Clinic 銀座


 

2021/01/15 17:26 | オペ | コメント(0)

2020年11月20日(金)

NBリフトのメンテナンス方法について

今回は当院で一番施術症例のが多く人気の
糸リフト「NBリフト」についてご紹介いたします。

(NBリフトとは?)


糸を挿入しお顔のたるみをリフトアップする治療です。

糸には「コグ」というトゲのようなものがついており、
皮下組織にひっかかることで、お顔をリフトアップさせることが可能になります。
糸には吸水性と非吸水性があり、
吸水性の糸を用いたリフトアップ治療は安全性が高いのが特徴です。
当院では吸水性の糸を使用しています。


(こんな方にオススメです)
!たるみを改善したい   !小顔になりたい
!ほうれい線が気になる。 !マリオネットラインが気になる
!肌にハリをだしたい   ! たるみ予防をしたい


ーー

今回は特に、糸リフトの施術を受ける上で気になる
糸リフトの持続性、どれくらいの頻度のメンテナンスが必要なのかについて
症例写真も併せてご説明させていただきます❤

まず効果の持続性についてです。
当院が使用している糸は2年で吸収される新素材のものとなります。

しかし施術により見た目年齢が3~4歳若返ったところから再び加齢が始まります。
初回は8本前後、2回目以降は1~2年に、4-6本ずつ挿入していくのがおすすめです。


今回の症例のお写真は、
〖NBリフト4本+12か月後に4本メンテナンス〗という形で

メンテナンスを継続的に続けてらっしゃる方の症例です。

糸リフトは一度やったからもうしなくてもよいという施術ではなく
定期的にメンテナンスを行うことで保つことができるご施術になります。

アンチエイジングは常に老化との追いかけっこです。
「結局効果が続かないんでしょう?」と思う方もいらっしゃると思います。

確かに、アンチエイジング治療で永久的な治療というのは
数としては少ないかと思います。
しかし、なにもしなければそのまま老化していく一途です。

ボトックス注射やヒアルロン酸注入でアンチエイジングをおこないつつ
糸リフトでのメンテナンスを年に1回組み込んでみてはいかがでしょうか?


当院では、
アンチエイジングに対しての様々な治療方法をご用意しています。

糸リフトでのご相談ももちろん、
その他のご施術でのカウンセリングもお気軽にお問い合わせくださいませ。

Nビューティークリック銀座

2020/11/20 13:57 | オペ | コメント(0)

2020年05月22日(金)

切らない瞼のたるみとり治療 について

「切らない瞼のたるみとり治療」


こんにちは。

NBC銀座スタッフです!

まぶたの皮膚が緩んでくると、中央より外側のまぶたが被さり、
目じりが下がって見えてしまい、いわゆる「たれ目」の状態になります。
緩んだ皮膚を調整し、若々しくぱっちりとした目元を形成します。
当院では、メスを使用しない埋没法と、余分な皮膚を取り除く切開法で実現します。


今回は、メスを使用しない「切らない瞼のたるみとり治療」をご紹介します。

まぶたたるみ取り法の特長とは?
◆埋没法
切らずに上まぶたのタルミを改善
タルミを切開するクリニックが多い中、当クリニックの埋没法は、
切らずにたるんだ皮膚を持ち上げます。体への負担が少なく、費用も抑えられます。


◆メリット
・埋没法なので傷痕が小さな針穴ですむ
・気に入らない場合には糸を外すことによって元に戻すことができる
・皮膚を切開するほどの腫れはでない
・抜糸が不要


◆デメリット
・余った皮膚を切り取るわけではないので効果に限界がある
・まぶたが厚い人は皮膚の折れ返りによりさらに厚くなる
・なじんでくるとたるみがまた出てきたように見えることがある


【当院のメニュー3種類】

・二重埋没法(NBC二重術)
・二重埋没法(1dayNライン二重術)
・二重埋没法(Nエターナルビューティー二重術)

※保障期間や詳細はHPのメニュページに掲載しております。

ーー

一重の方でも、あるいはどんなに二重がきれいな方でも上まぶたの皮膚は老化し、
早い人は20代後半から少しずつ皮膚はたるんできます。

二重の老化が最初に現れるのは二重の外側(目尻寄り)が下がって被さり、
徐々に二重の中央部も下がってきます。

二重というのは、中央から外側が下がって狭くなってくると、
老けた印象を与えてしまいます。

逆を言えば軽度の二重の被りであれば、
中央~外側を埋没法、あるいは皮膚を切開して若い印象を取り戻すことが出来ます。

中高年になってかなり皮膚が垂れてきた場合、
視野も確保され、再び若い時の二重のようになります。

上まぶたの皮膚が下垂してくること以外に
挙筋(上まぶたを開ける筋肉)が
加齢等によって弱まり、目の開きも悪くしていることもあります。
その場合は、二重と同時に挙筋短縮(上まぶたの開きをよくする)手術を
同時に行うと目力もつけることができます!

※今回ご紹介した、「埋没法」は、
症状としてはたるみが重度でないこと、まぶたの厚みが強くない場合には適応となることが多いです。
まずはカウンセリングにてご相談ください!

切開でメスを入れることに抵抗がある方や、
少ないダウンタイムでまぶたのたるみ治療したい方は
埋没法での「切らない瞼のたるみとり治療」 をぜひご検討ください!

お気軽にカウンセリングのお問い合わせお待ちしてます!

N Beauty Clinic GINZA 石村



 

続きを読む...

2020/05/22 10:52 | オペ | コメント(0)

[1]   2   >>   

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.