[1]   2   3   >>   
2021年09月17日(金)

糸リフト・切開リフトについて(^^)/☆

こんにちは!
NBCスタッフです(^^)/
 
今回は糸リフトと切開リフトの違いや
「糸リフトと切開リフトってどちらがいいの?」というご質問にお答えしていきます☆
 
まず切開リフトとは…
頭髪内や耳の周りにメスを入れて皮膚を切除し、たるみやしわのお悩みを改善する治療です。
お顔のボリュームのある箇所を一部切り捨て、残りの組織を縫い合わせることで引き上げを行います。
たるみは見かけ上少なくなりますが、一度失われた皮膚や組織は元に戻りません
また引き延ばされた皮膚や組織はどうしても薄くなってしまいます
 
つぎに糸リフトとは…
糸を挿入しお顔のたるみをリフトアップする治療です。
糸には「コグ」というトゲのようなものがついており、皮下組織にひっかかることで、お顔をリフトアップします。
お顔の組織を元の位置に引き上げ、定着させることが可能です。
またコラーゲン生成により組織量をプラスに働きかけるよう作用します
 
切開リフト、糸リフトどちらもリフトアップの施術としてはとても有効ですが、
有限である組織を失ってしまう切開リフトと組織量がプラスになるよう作用する糸リフトでは
トータルで見たときの若々しい顔立ちやみずみずしい肌質は
糸リフトによるメンテンナンスに基づいたエイジングケアが優れているのではないかと近年言われております!


また当院では、切開リフト後の患者様への糸リフトのご施術も多く行っております。

最終的にお顔のたるみに関しては
パターン①:切開リフト→糸リフト
パターン②:糸リフト→糸リフト
という施術サイクルに帰結するためどちらの施術を選択されてもゴールは同じと考えられます。

それであれば精神的、身体的にもまた経済的にも持続可能な
糸リフトによるたるみ治療
選択することが合理的と当院では考えております。
 
当院は糸リフトの施術を多数行っております!(^^)!
HPやInstagram、Youtubeへ症例も載せておりますので
上記症例のように施術直後より腫れ・内出血の少ない当院のNBリフトを是非ご覧ください♪


N Beauty Clinic銀座

 

2021/09/17 11:22 | 糸リフト | コメント(0)

2021年08月20日(金)

リフトとタイトニングの違いについて

皆様こんにちは! NBCスタッフです。

暑い日が続きますが、ご体調など崩されていませんか?
NBCは暑さに負けず、元気に診療しております。(^^)/

今回はタイトニングとリフトの違いについてお話しますね。

患者様とお話していると、リフトについては上に方向にあげるという想像がつくのですが
タイトニング(引き締め)についてはイメージがつきにくい方が多いようです。

わかりやすい言葉で言うならば 
リフト(糸リフト)=斜め上方向への引き上げ
タイトニング(ハイフpro)=たるみのボリュームの縮小 という言葉がイメージしやすいかと思います。

ご相談にいらっしゃる患者様のお声で多いのが、口角横のたるみが気になるというお声です。
糸のリフトでフェイスラインを上方向へ持ち上げることで輪郭をスッキリさせることは可能なのですが、
口角横の皮膚のたるみによるふくらみに関しては糸だけでは効果が限定的なので
ハイフproやサーマproなどのタイトニングを組み合わせることがより効果的です。


患者様にお伺いすると耳から顎先にかけてのたるみを指さされる方が多いのですが
実際は耳からこめかみにかけても年齢によるゆるみが生じるため
糸もハイフも顎先から頭頂部付近までしっかりあげることが重要となってきます。
有効なリフトアップをするには距離が重要なので、当院ではホホ骨を中心に下はフェイスライン下縁まで、
上は側頭部~頭頂部にかけて糸を挿入します。
お顔の縁取りである側面を糸リフト+ハイフpro+サーマproですっきりさせることで
より引き締まった若々しいスッキリとしたフェイスラインになります。

ご相談のみのご予約も承っております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。





 

2021/08/20 15:25 | 糸リフト | コメント(0)

2021年07月16日(金)

フェイスラインをスッキリ★サーマPRO・ハイフPRO・糸リフトの違いについて

こんにちは。NBCスタッフです。(*^^*)

今回はご来院される方からよく質問がある、
サーマPROハイフPRO糸リフトの違いについてご紹介しますね。

切らないリフトアップとして有名なサーマPROハイフPROは、
どちらも熱作用によってコラーゲンの再生を促してたるみを改善する治療です。
原理は同じですが、エネルギーの温度や深さが異なります。

 美肌再生サーマPROは肌の奥にある真皮層お肌のたるみやシワをRF(高周波)でタイトニングする機器で、
高周波の熱で真皮層内のコラーゲンが収縮することで肌が引き締まります。
ハイフは皮膚よりさらに深い層にある筋膜(SMAS層)に熱を照射します。

美肌再生ハイフPROはSMAS層の熱収縮だけではなく脂肪の収縮により施術直後からリフトアップ効果を実感していただけます。
また、SMAS層が受けた熱ダメージを治癒しようとコラーゲンの生成が促進されることで皮膚の弾力が増し、リフトアップも期待できます。



上記を踏まえると役割としては・・・
美肌再生サーマPROは タイトニング
美肌再生ハイフPROは リフトアップ となります。


糸リフトは「コグ」というトゲのようなものを皮下組織にひっかかることで、
お顔をリフトアップさせることが可能になります。

糸には吸水性と非吸水性があり、吸水性の糸を用いたリフトアップ治療は安全性が高いのが特徴です。
当院では吸水性の糸を使用しています。
当院では、ほほ骨を中心に下はフェイスライン下縁まで、上は側頭部~頭頂部にかけて糸を挿入します。
その為、糸を挿入するする距離が長くなり、よりリフトアップしやすく、長持ちしやすくなります。
当院では患者様のご要望により、デザインは細かく微調整が可能ですので、
ご相談しながらお顔全体がバランスよく引き上げられるようデザイン決めを行い、糸を挿入していきます
当院のNBリフトは糸を追加していくことによってよりリフト感のあるお顔を定着させることが可能です。
実際に糸の注入の際も初回の方より2回目以降の方の方が組織の弾力性が高まっている為、注入時の手ごたえを強く感じます。



サーマPROハイフPROに比べ、糸リフトの方が引き上げの効果が高いため
糸リフトでフェイスラインをしっかり引き上げ、
メンテナンスとして合間にサーマPROハイフPROを組み合わせる方法がお勧めです!!


たるみの程度は様々なので、実際にご症状を拝見しご提案致します。(^^)/

お気軽にご相談ください。(*^^*)

2021/07/16 15:43 | 糸リフト | コメント(0)

2020年12月21日(月)

NBリフト★糸の入れ方とデザインについて

こんにちは!
NBCスタッフです☆

本日は大人気の糸リフトの糸の入れ方やデザインについてご説明致します(^_-)-☆

糸リフトで有効なリフトアップをするには、糸が入っている【距離】が重要です!
当院では、ほほ骨を中心に下はフェイスライン下縁まで、上は側頭部~頭頂部にかけて糸を挿入します。
その為、糸を挿入するする距離が長くなり、よりリフトアップしやすく、長持ちしやすくなります!!
また患者様のご要望により、デザインは細かく微調整が可能ですので、
ご相談しながらお顔全体がバランスよく引き上げられるようデザイン決めを行い、糸を挿入していきます(*^^*)♪

傷口はフェイスラインや頭皮下にはできず、こめかみ部分に1~2か所となりますので、
施術直後でも傷跡は目立ちづらくなっております☆
当院のホームページやInstagramに載っている症例は全て施術直後のお写真ですので
是非ご覧になってご参考ください(^_-)-☆

また痛みやダウンタイムも最小限に出来るよう努めております!!

12月限定キャンペーンにて糸リフトがとってもお得になっておりますので
是非この機会に一度カウンセリングにお越しください♪


N Beauty Clinic銀座

 

2020/12/21 15:53 | 糸リフト | コメント(0)

2020年06月10日(水)

NBリフト6本、20代女性

NBリフト6本、20代女性の方です。

過去にホホの脂肪吸引をした治療歴もあり。スリムな輪郭に見えますが皮膚の余りは比較的多い方でした。

フェイスラインに片側2本ずつ挿入しホホのたるみを引き上げるとともにそれだけでは寄せた皮膚のヨレが目の高さにたまってしまうのでコメカミから上のラインにも片側1本ずつ挿入し中顔面のリフトを組み合わせています。

糸リフトは上と下の糸の配置や引き上げ具合のデザインとバランスが重要ですね。

Nビューティークリニック銀座 院長米澤

 

2020/06/10 13:21 | 糸リフト | コメント(0)

[1]   2   3   >>   

ページトップ

Copyright (C) NBC GINZA., japan All Rights Reserved.